« サッカー・サンパウロ州選手権 その66 優勝の翌日 | Main | ブラジルのクリネックス・ティッシュと「4文字熟語:平愛康栄」 »

quarta-feira, 12 de abril de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その3 観戦必携ガイド3

4月15日に始まる2006年のサッカー・ブラジル選手権を前にして、ブラジルで唯一といってもよいサッカー専門雑誌のPLACAR誌の特別編集版

個別の選手の欄の紹介をもう少しする。

コリンチャンスのニウマールは、まだ若く、経歴欄がまだ埋まっていない。

だが、経歴が長い、名選手だと、随分と違ってくる。

ヴァスコ・ダ・ガマのFWエヂウソン
Spd20060410d

1971年9月17日生まれだから、34歳である。
ブラジル国旗の”22P”は、ブラジル代表として22試合に出場したことを意味している。
”6G”は、6ゴールの意味。

所属クラブも多い。
1996年から1997年にかけて、柏レイソルにいたことになっている。

ブラジル選手権で、3回も優勝している。
1993年、1998年、1999年である。
ブラジル選手権には、226試合に出場して、79ゴールを決めている。
素晴らしい選手であることがわかる。

さらに、素晴らしいのがパルメイラスに所属している”アニマル”エヂムンド
Spd20060410c

35歳だ。
ブラジル代表として40試合に出場して、8ゴールを決めている。

所属クラブも多い。
2001年から2003年にかけて、ヴェルディと浦和レッヅにいた。
彼もブラジル選手権で3回優勝している。
1993年、1994年、そして1997年だ。
ブラジル選手権に240試合に出場して、126ゴールを決めている。
1997年は得点王だった。

サントスのMFロドリゴ・タバタ
Spd20060410l

ロドリゴ・タバタは年齢は25歳だが、スタートが遅い。
ロドリゴ・タバタは弱小チームを転々としていて、ブラジル選手権に出場するようになったのは、
2004年にゴイアスに移籍してからだ。
それでも75試合に出場しているから、かなりの出場率である。
ゴールを18ゴールを2年間で決めている。
今年移籍したサントスでは、ゴールを決めるチャンスは減っているような気がする。

--------------------------
ロマリオがいたら、もっと華々しい経歴なのだが。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権 その66 優勝の翌日 | Main | ブラジルのクリネックス・ティッシュと「4文字熟語:平愛康栄」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9551524

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その3 観戦必携ガイド3:

« サッカー・サンパウロ州選手権 その66 優勝の翌日 | Main | ブラジルのクリネックス・ティッシュと「4文字熟語:平愛康栄」 »