« ブラジル・サンパウロの「巨大タマゴ」 | Main | サッカー:リカルド・オリベイラは、サンパウロFCを信頼している。 »

quinta-feira, 20 de abril de 2006

サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その2 ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラは、続投を考える

ワールドカップの開幕まで50日。

ブラジル代表seleção brasileira監督のカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは、ワールドカップCopa do Mundoのあとも、ブラジル代表監督を続けると認めた。 もちろん、ブラジルが優勝したときにその可能性を考えると言うことである。

カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督が、ワールドカップの後に監督を辞めない可能性について話したのは初めてであるが、続けたくは無いともいった。

「一つの可能性があるだけだ。 世界チャンピオンにならなくてはならない。 ここブラジルでは、ワールドカップに負けた監督を見たことがない。 そのタブーを破ることもできる。 しかし破ることは望んでいない」と言った。

カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督は世界中からオファーが来ていることを明らかにした。監督によると、チームの監督として、コンサルタントとしてそしてトレーニングセンターの設置ををすることを求められてきた。 あるオファーはブラジルの外である。 これらを別にして、カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督はブラジル・バレーボール代表監督のベルナルヂーニョBernardinhoともに、あるトレーニング・センターのオーナーになったと言った。

バルセロナBarcelona,のロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoの素晴らしい状態について、カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督はロナウヂーニョ・ガウーショにはスペインのクラブで与えられているのとおなじようにブラジル代表でも彼には自由を与えると言った。

ブラジル代表でのロナウヂーニョ・ガウーショはバルセロナBarcelonaでやっていることと同じ様にしなくてはならないということである。 いま、8ヶ月間彼を見ていないがトレーニングをはじめる。 できなかったことをみるためにかなりの合理化をしなくてはならない。  同様に、彼がバルセロナBarcelonaでやっていることを全てを彼がやる事を望んでいるのは当たり前である。 そのために自由を与える。 彼がボールを失ったときに、みんなが望んでいるように、彼に腕組みをさせないようにするだけである。 彼は中盤においてマークを、バルセロナno Barcelonaでやっているように、しなくてはならない」と、カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督は言った。

-------------------------

ブラジル代表は、昨年10月の合宿を最後に練習をしていない。
昨年は、コンフェデレーション杯の前に、ブラジルで十分に合宿を行うなど、何度が集まる機会があった。

今年は、3月に、モスクワで行われたロシア代表との親善試合が、今年唯一のブラジル代表としての試合だった。 この時は、合宿はしていない。

更に、この3月の試合には、ロナウヂーニョ・ガウーショは負傷で、参加しなかった。

ロナウヂーニョ・ガウーショは、カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督より全幅の信頼を受けているということである。

|

« ブラジル・サンパウロの「巨大タマゴ」 | Main | サッカー:リカルド・オリベイラは、サンパウロFCを信頼している。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9690144

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その2 ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラは、続投を考える:

« ブラジル・サンパウロの「巨大タマゴ」 | Main | サッカー:リカルド・オリベイラは、サンパウロFCを信頼している。 »