« ブラジルで一番の馬鹿番組 その9 その罪状1 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その4 4月の対戦スケジュール »

quarta-feira, 12 de abril de 2006

サッカー:エヂムンドが運転免許証を交通局に返納

パルメイラスPalmeirasのFWエヂムンドEdmundo34歳が、4月10日(月曜日)に、弁護士経由で、運転免許証をリオ・デ・ジャネイロの交通局Detranへ持っていった。

返納の期限は、この水曜日までであった。
エヂムンドは、昨年12月の飲酒運転により、3月に免許証の返納の行政処分が決定していた。

交通局Detran (Departamento Estadual de Trânsito)によると、エヂムンドEdmundoは、先月28日に罰金の通知を受け取っている。

エヂムンドEdmundoの免許証CNH (Carteira Nacional de Habilitação)を再交付してもらうには、エヂムンドは重大違反の罰金957.70レアル(約55千円)を支払い、講習を受けなければならない。

講習は、30時間の法規の授業をうけて、30問の試験に合格しなければならない。
合格するためには、70%の正解をしなくてはならない。

もし6ヶ月間に運転免許証無しに運転するという違反を犯すと、エヂムンドは身柄を確保される。
交通違反の罪で、罰金を払い、1年半の刑務所生活となる。

2年間免許証が取り消され、車は押収される。

リオ・デ・ジャネイロ州の公共省Ministério Públicoによると、エヂムンドEdmundoは2005年12月19日3時過ぎに、リオ・デ・ジャネイロのレブロLeblonンで、検問をしていた14分署に捕まった。
エヂムンドは、Land Roverを運転しており、ちょうどボアッチ'El Turf'を出て来たところであった。

エヂムンドは車を止めるのに抵抗した。
エヂムンドは頭を冷やすために留置所に送られて、その後で3000レアルを支払って、保釈された。

法医学研究所IML (Instituto Médico Legal)の分析Examesでは、エヂムンドEdmundoの尿urina1リットルあたり19.7デシグラムのアルコールが検出された
これは、最大6デシグラムという許容量を超えている。

----------------------------
ブラジルの交通法規も厳しくなったものだ。

30時間の講習とは、厳しい。

|

« ブラジルで一番の馬鹿番組 その9 その罪状1 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その4 4月の対戦スケジュール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9565092

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:エヂムンドが運転免許証を交通局に返納:

« ブラジルで一番の馬鹿番組 その9 その罪状1 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その4 4月の対戦スケジュール »