« サッカー・ブラジル杯 その3 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス »

quinta-feira, 6 de abril de 2006

サッカー:テレ・サンタナ元ブラジル代表監督の病状 その2

元ブラジル代表監督のテレ・サンタナTelê Santanaの病状についてだ。

この水曜日(4月5日)の病院の発表では、火曜日に気管切開手術traqueostomiaを受けたあとに、テレ・サンタナTelê Santanaは呼吸機能função respiratóriaに問題が起きてきた。

テレ・サンタナは、腸の感染症infecção intestinalにより、病院の集中治療室CTI (Centro de Terapia Intensiva)に10日間以上も入院している。
テレ・サンタナが昨日受けた気管切開手術traqueostomiaは、長いチューブを喉に入れる手当てである。

テレ・サンタナは、ミナス・ジェライス州のイタビリトItabiritoに生まれ、サンパウロFCの監督として1992年と1993年にトヨタカップに優勝し2度も世界1のクラブになっている。
フルミネンシFluminenseの名選手としてプレイしたほか、1982年と1986年のワールドカップのブラジル代表監督になっている。

1996年に、テレ・サンタナは脳梗塞を患っている。

|

« サッカー・ブラジル杯 その3 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:テレ・サンタナ元ブラジル代表監督の病状 その2:

« サッカー・ブラジル杯 その3 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その16 ウニベルシダド・カトリカ対コリンチャンス »