« サッカー・ブラジル選手権2006 その22 リカルド・オリベイラは、サンタ・クルーズ戦にも出場しない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その10 ドイツ大会のあとの親善試合2 »

sábado, 29 de abril de 2006

ブラジルの広告 その17 「マラドーナ」問題。

グァラナ・アンタルチカGuaraná Antárticaの新しい広告は、アルゼンチン人に大騒動をおこした。

グァラナ・アンタルチカを飲み過ぎて、マラドーナMaradonaが見た一連の夢とはいえ、アイドルのマラドーナがブラジル代表のユニフォームを着てあらわれ、ロナウドRonaldoとカカKakáの隣でブラジル国歌を歌ったということ全てである。
目が覚めたときには、アルゼンチンの服を着ていたのだが。
 
-------------------------
アルゼンチンのマラドーナMaradonaは、テレビのCMでブラジル代表seleção brasileiraのユニフォームを着たことを公開していない。
この4月29日土曜日、マラドーナはアルゼンチンで起きている論争を落ち着かせようとした。

「1979年に、日本で開催されたアンダー20の世界大会のための南米予選で勝ち抜いたときにもブラジル代表のユニフォ-ムを着たことがある。 その後で世界大会で優勝した。 また1990年のイタリアでのワールドカップの後にもカレカCarecaからもらって着た。 後悔していない」と、マラドーナMaradonaはいった。

グァラナ・アンタルチカGuaraná AntárcticaのCMは、ワールドカップの前の両国のライバル心rivalidadeを再燃させた。

ところで、マラドーナMaradonaは、彼がプレイしたボカ・ジュニールBoca Juniorsの最大のライバルのリーベル・プレートRiver Plateのユニフォームは着ることはないとはっきり言った。

「着ることはない。 そこでプレイしたことがある友達からリーベル・プレートのユニフォームをもらって持っている。 しかし、飾っていない。 笑わしてはくれない」と、マラドーナは言った。

-------------------------
やはり、問題を引き起こしているようだ。

グァラナ・アンタルチカの広告は大きな効果を上げたことを間違いない。

何しろ、この件で世界中に知られたからだ。

この1週間で、このブログにも2万を越えるアクセスがあったのは、このためだ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その22 リカルド・オリベイラは、サンタ・クルーズ戦にも出場しない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その10 ドイツ大会のあとの親善試合2 »

Comments

コメントありがとうございました。
あと、実際にCMを見ることができましたのでその点でも感謝いたします。

中々難しいですね。日本的感覚からして問題な気もしますし、そこまででもない気もしますし。
マラドーナの見方からすると、ブラジルは敬意を払うべきライバルだが、リーベルは単なる敵である、というところなんですかね?

Posted by: 川の果て | domingo, 30 de abril de 2006 10:41

>川の果て様
ブラジル人は、マラドーナには「敬意」を払っています。
彼の動向は今も良く報道されていますし、彼のショー番組も「生中継」されていました。
だから、このCMに関しては、驚きもあるでしょうが「喝采」だと思います。
こういうシャレが出来そうもないところが、日本の問題でしょうね。
ブラジルでも、ファンというのはクラブに対する忠誠を持っているので、とにかくサンパウロFCが世界クラブ選手権で優勝したことを祝っているのは、サンパウロFCファンしかいないでしょう。
同じサンパウロのクラブであるコリンチャンスやパルメイラスのファンは、苦々しく思っていると思います。


Posted by: Sao Paulo | domingo, 30 de abril de 2006 17:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの広告 その17 「マラドーナ」問題。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その22 リカルド・オリベイラは、サンタ・クルーズ戦にも出場しない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その10 ドイツ大会のあとの親善試合2 »