« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その29 ロビーニョが古巣を訪れた。 | Main | サッカー:コリンチャンスへの南米サッカー連盟の処罰。 »

quinta-feira, 18 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その52 コリンチャンスの新監督ジェニーニョの目標

コリンチャンスCorinthiansの新監督のジェニーニョGeninhoの計画では、ワールドカップ・ドイツ大会Copa do Mundo da Alemanhaの間にブラジル選手権Campeonato Brasileiroが中断する前にコリンチャンスCorinthiansを、リベルタドーレース杯南米選手権Taça Libertadores da América の出場権を得ることが出来る順位にまで持っていく。

このために、ジェニーニョは、トレーニングをサンパウロを離れたところで、静かに行いたがっている。

ワールドカップ・ドイツ大会による中断期間の前に、コリンチャンスCorinthians をブラジル選手権の4位以内にしたい。 そこまで行く。 このために、試合の間の期間はとても平静にする」と、ジェニーニョ監督は言った。

ジェニーニョGeninho監督の任務は簡単なことではない。 しかし、可能だ。 コリンチャンスは、ブラジル選手権では14位で、トップのサントスSantosとインテルナシオナウInternacional-RSとの勝ち点の差は7点である。 彼らとはワールドカップ前の5月25日と5月28日には対戦する。

上記の試合の他に、コリンチャンスは、今度の日曜日5月21日にリオ・デ・ジャネイロでヴァスコ・ダ・ガマと、6月1日はパカエンブーPacaembu競技場でゴイアスGoiásと、6月4日にはフラメンゴFlamengoと対戦する。

ジェニーニョ監督はワールドカップ期間中は選手を本部のパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeから離す。
選手は10日ほど休みを取る。 その後で、選手はクラブに集合し、サンパウロから離れたところで10日間ほどトレーニングをする。
コリンチャンスは、行き先をアグアス・ヂ・リンドイアÁguas de Lindóia、アチバイアAtibaia、ポッソ・ヂ・カウダスPoços de Caldasと交渉中である。

------------------------
相手もあることなので、早々簡単に上位にいけるはずはない。

机上の空論。 捕らぬ狸の皮算用。

|

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その29 ロビーニョが古巣を訪れた。 | Main | サッカー:コリンチャンスへの南米サッカー連盟の処罰。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10137075

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その52 コリンチャンスの新監督ジェニーニョの目標:

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その29 ロビーニョが古巣を訪れた。 | Main | サッカー:コリンチャンスへの南米サッカー連盟の処罰。 »