« ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その2 ロナウドは問題なし。 »

segunda-feira, 22 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その1 ブラジル代表到着

ブラジル代表seleção brasileiraは、ワールドカップの準備をするスイスSuíçaのヴェギスWeggisにいる。

欧州組のヂーダDida、カフーCafu、カカKaká、ジウベルト・シウヴァ、Gilberto Silva,ロナウドRonaldo達が最初に到着した。
ヂーダ、カフー、カカのミラン3人組は車を運転してやってきた。
Spd20060522k_1
Spd20060522g_1

リヨンに所属するフレッヂも、500キロ運転してきた。
Spd20060523j
Spd20060523k
同乗者は「父親」。
Spd20060523n

その後に他の選手達も続いた。
リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroからの11時間45分の静かな空の旅のあと、ブラジルからの一行はチューリッヒ国際空港Aeroporto Internacional de Zuriqueに到着した。
Spd20060522j_1

駐機場から直接に、選手達はバスに乗り込み、ヴェギスWeggisに向かった。
Spd20060522m_1

空港では約100人が待っていたが、選手をみることは出来なかった。
ヴェギスWeggisまでの旅は約1時間であった。

ブラジル代表を乗せたバスは、ブラジル・ブラジリア時間の11時過ぎに到着した。

小さな街での予想とはいえ、ブラジル代表を宿泊するホテルの門の前で待っていたのは、報道陣を除くとほとんどが若者の約50人に過ぎなかった。
Spd20060522d_1

ファンは40メートル離れたことろにいた。
少なかったが、とても熱狂的だった。

GKのジュリオ・セーザルJúlio Césarがちょっと現れて、記者と言葉を交わした。
Spd20060522e

「ここはいいところだ。 とても元気になる」と、ブラジルからスイスまでの12時間の度のほとんどを寝ていたといったジュリオ・セーザルは語った。

ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoもマスコミの近くを通っていった。
しかしカメラマンが写真を撮ったに過ぎなかった。
Spd20060522f

ジュニーニョ・ペルナンブカーノJuninho Pernambucanoは唯一問題があった。
リスボンLisboaでの乗り継ぎが出来なかった。

ブラジル代表を初めて直接目にすることが出来るのは、木曜日のテルモプランThermoplan Arenaでの最初の練習の時である。

---------------------------
ブラジル代表達が、遂にスイスのヴェギスにやってきた。

欧州発のニュースだが、ブラジルのマスコミはブラジル代表の様子を色々と伝えてくれるに違いない。
他の国のマスコミとは、質も量も違うことはいうまでもない。

|

« ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その2 ロナウドは問題なし。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10198196

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その1 ブラジル代表到着:

« ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その2 ロナウドは問題なし。 »