« ブラジルで一番の馬鹿番組 その12 サブリナ・サトウに替わる企画2 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その42 エヂミルソンがはずれ、新たにミネイロが招集。 »

quarta-feira, 31 de maio de 2006

ブラジル・サンパウロの森林保護運動 その1

ブラジルと言えば、アマゾンでの森林伐採がよく非難される。
アマゾンが地球最大の酸素の供給源であるからである。
広大な熱帯林と、そこをながれるアマゾン川の淡水もまた世界最大である。

ブラジルのような発展途上国にも言い分があって、「資源を開発し、発展して、豊かになる権利」はどうなのかとうことである。
すでに、自分たちの資源を開発しつくした先進国の理屈で、自分たちが発展できないのはおかしいというものである。
米国や欧州こそ、自然を取り戻すべく、自分の国土を元の森林に戻してはどうかという言い方もあった。
国連の第1回環境会議のリオ会議の時は、そういった主張がかなり強かった。

その後はブラジルもそこまでの言い方はしなくなった。
むしろ自然保護に向けての法的整備をしたり、行政を整えたりした。
だが、民間の開発が政府の管理を越えて、どんどんと進んでいる。

森林を伐採し、焼き、牧場にし、大豆畑がどんどんと拡大している。
これは、ブラジルが世界の食糧供給国として、大きくクローズアップされているのと大きく関係している。

なかなか難しい問題だ。

「二酸化炭素の排出権を売買するような姑息なことではないも解決しない」

地球というかけがえのないものを守ることを、もっともっと真剣に考える時がとっくに来ているはずなのである。
一国の政治的そして経済的な利害で、未来が失われているのである。

さて、ブラジルは、500年ほど前にポルトガル人が「発見」した。
ブラジルにはそう多くない原住民がいたが、アステカやマヤやインカの様な大帝国を作るところまで社会が進んではいなかった。
小さな集団を形成して狩猟生活を行っていたので、ブラジルはほとんどが森林に覆われていたのである。

その森林も、18世紀頃から内陸の開発が進むに連れて、急速に失われていった。

ブラジル南西部の大西洋岸沿いに広がっていた大森林帯をマタ・アトランチカMata Atlanticaという。

北は、リオ・グランヂ・ド・ノルチ州から、南はリオ・グランヂ・ド・スル州まで広がっていたのだが、とくにエスピリット・サント州、リオ・デ・ジャネイロ州、サンパウロ州、パラナ州は、今の州域のほとんどがこの森林に覆われていた。
ミナス・ジェライス州の東半部やリオ・グランヂ・ド・スル州の北半部もこのマタ・アトランチカに覆われていた。
しかし、開発が進む中で、伐採が進み、今では本当に海岸沿いの海岸山脈沿いに僅かに残っているに過ぎない。
Spd20060527e

その僅かなマタ・アトランチカには、未だ多様な生態系が残っているが、失われつつある貴重な動植物もあるのである。

マタ・アトランチカのこれらの自然を守ろうという活動を紹介する催し物が、5月27日(土)と28日(日)に、サンパウロ市のイビラプエラ公園で開催された。
Spd20060527zi

Spd20060527a

色々な活動をしている団体がブースで、マタ・アトランチカの現状を説明して、その重要性を説いていた。
また、森林保護だけではなく森林の回復と、そこに住む動物の環境作りなどを行っている団体もあった。
Spd20060527f

マタ・アトランチカの自然の中でのレクリエーション活動を行っているところもあった。
これも大事なことである。

会場では、いくつかの団体が「苗木」を無料で配っていた。

---------------------------
ブラジルでは、こんなことも行われていることを知っておいて欲しい。
決して金持ちとは思えない人たちも、参加していた。
むしろそういった人の方が多かったかもしれない。

NPO活動やNGO活動は、とても活発に行われている。

イビラプエラ公園の木は、植樹されたもののはずで、原生林ではないはずだ。
Spd20060527zh

|

« ブラジルで一番の馬鹿番組 その12 サブリナ・サトウに替わる企画2 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その42 エヂミルソンがはずれ、新たにミネイロが招集。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの森林保護運動 その1:

« ブラジルで一番の馬鹿番組 その12 サブリナ・サトウに替わる企画2 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その42 エヂミルソンがはずれ、新たにミネイロが招集。 »