« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その25 5月21日以降のスケジュール。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その7 収束 »

terça-feira, 16 de maio de 2006

ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その6 サッカー選手へも影響

ブラジル・サンパウロで、5月12日(金)の夜から起きている警察への襲撃事件
14日から15日にかけては、市内バスを燃やしたり、銀行支店などを襲撃するなどの新たな展開を見せた

15日(月)は、バスの運行が大幅に止まったことで、市内の道路交通は自家用車で大渋滞した。

さらに、帰宅の足の混乱を避けることと、都心部での人出が減少したことにより、商店などはいつもより早く店を閉めた。
このため帰宅ラッシュも16時頃から始まったが、20時頃には解消した。
夜間の外出を避けて、自宅に籠もろうという人が多いようだ。

いつもと違って、22時を過ぎて市内は車が減って、道路はガラガラになったようだ。

この一連の事件は、サッカー選手にも影響を与えている。


この数日間サンパウロで起きている暴力の波は、パルメイラスPalmeirasのマルシーニョMarcinhoと、コリンチャンスCorinthiansのニウマールNilmarの催し物をキャンセルさせた。

2人が、子供達のチームを指揮して、5月15日(月)にパレストラ・イタリアPalestra Itália競技場で公開試合を行うことになっていた。
このイベントは、アヂダスAdidasのプロモートによるものだ。

このイベントを実施する新たな日が設定されることになっている。


サンパウロFCの社長は警察の要請を受け入れて、ロジェリオ・セニRogério Ceni の記者会見を明日(5月16日)9時からのチームのトレーニングのあとに延期した。

-----------------------
とにかく、こういうときはおとなしくしているに限る。

普段なら、こういうときには必ず警察が警護にでてくるのだが、
その警察が狙われているわけで、
警察がいっぱいいるイベントは危険だということになるのだ。

警察だって、今は他の警護などやってはいられないのだ。

警察官には申し訳ないのだが、今近づいて欲しくないという感じだ。

|

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その25 5月21日以降のスケジュール。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その7 収束 »

Comments

少し落ち着いたようですね。
こんな派手な抗争をしては、一般市民の敵意も高まるし
犯罪組織としては無意味な戦いだったと感じましたが…。
この際、国を挙げて徹底的な取締りをすればよいのにと思いますが
この前のリオの事件と同様、裏の話し合いか何かでこのまま
ナァナァで終わるんでしょうか…。
折角の機会なのに残念です。
(もっとも、サンパウロに住んでいたらまた違った感想を抱いたのかも)
Sao Pauloさんも、安全には充分お気をつけ下さい。

Posted by: nori | terça-feira, 16 de maio de 2006 at 12:57

>nori様
襲撃の武装化具合や犠牲者は、ブラジル的ですが、日本でも同じ様な存在がいつまでもなくならないことを思い出すべきでしょう。 どこかで「手打ち」するということで、とりあえず治まって良かったと思っています。
武装ゲリラが横行するような状態になっている国よりはマシです。
ただ、今回の騒動で亡くなった人とその家族は、本当に可哀想です。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 17 de maio de 2006 at 12:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10097316

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その6 サッカー選手へも影響:

» いつもと違うサンパウロの月曜日 [ブラジリアン・ガールと不器用なパウメレンセの物語]
Sao Pauloさんのブログにてすでに詳しく伝えられているが、先週の金曜日から昨日にかけて、サンパウロ州内のあちこちで犯罪組織による警察施設への無差別攻撃が続いていた。 昨日の午後までに180件の襲撃があり、81人が死亡した。また、91人が逮捕された。 この、警察への攻撃は今月の初めから州内のあちこちの刑務所内で同時多発的に起こった暴動と連動している。囚人たちは、看守を買収して手に入れた携帯電話で互いに連絡を取り合っていたのだ。 さらに、先週に入って、当局が首謀者とされる囚人... [Read More]

Tracked on terça-feira, 16 de maio de 2006 at 10:54

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その25 5月21日以降のスケジュール。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その7 収束 »