« サッカー・ブラジル選手権2006 その44 コリンチャンスの逃亡の旅の終わり。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その46 第5節 インテルナシオナウ対サンパウロFC »

domingo, 14 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その45 コリンチャスは、W杯期間中には亡命地へ。

コリンチャンスCorinthiansの新監督のジェニーニョGeninhoは、ワールドカップ・ドイツ大会の間、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroが中断しているときの計画を立て始めた。

ワールドカップ・ドイツ大会は、ブラジル選手権のセリエAとセリエBを一ヶ月弱中断させる。
ジェニーニョは、選手を本部のパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeから10日間から15日間離そうと考えている。
コリンチャンスの新しい亡命地は決まっていない。

ジェニーニョの考えは、全ての選手の呼吸を整え、チームの技術の質をより高めることである。
彼は、本部のへつらいやコリンチャンスのファンの圧力から遠いところで仕事をしたがっている。

「自分はゴイアスGoiásでやって来た計画を続けるだけである。 考えは、そのために中断期間を利用するわけだ。 より静かで、チームにとって必要な条件が整った、許される限り遠くの違う街に行く。 仕事は、身体的技術的なトレーニングをゼロから始める」と、ジェニーニョGeninhoは言った。

中断期間は6月5日に始まり、選手は休みにはいる。
多分10日間休んで、その後に選手は10日間か15日間の激しいトレーニングをサンパウロの外で行う。

------------------------
どこに行ってもいいが、
ブラジル代表の試合の時間は、練習は中止だろう。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その44 コリンチャンスの逃亡の旅の終わり。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その46 第5節 インテルナシオナウ対サンパウロFC »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10062248

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その45 コリンチャスは、W杯期間中には亡命地へ。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その44 コリンチャンスの逃亡の旅の終わり。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その46 第5節 インテルナシオナウ対サンパウロFC »