« サッカー・ブラジル杯 その11 ヴァスコ・ダ・ガマ決勝進出 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 再開 »

quinta-feira, 18 de maio de 2006

サッカー:ロドリゴ・タバタはサントスに適合した。

「MFのロドリゴ・タバタRodrigo Tabataは遂にサントスSantosで平和に出会った。」
(上手な訳を思いつかない。)

ロドリゴ・タバタは、ゴイアスGoiásから移籍して来て、サントスに適応する困難に直面していた。
本拠地ビラ・ベルミロVila Belmiro競技場でのいくつかの試合でサントスのファンからヤジを受けていた。

しかしそういった状況は、先週5月13日土曜日のブラジル選手権の第5節のポンチプレッタPonte Preta戦で変わった。
ロドリゴ・タバタはサントスの3ゴールのうちの2ゴールを形作り、グラウンドを拍手で去った。

ロドリゴ・タバタはサントスSantosでの良い時を過ごしていることを知った。
しかし、カバーをよりよくすることを認めた。

「いつも、グラウンドでペースを確保できるように頑張っている。 今、出来た。 ルシェンブルゴLuxemburgo監督は要求の多い人で、まだもっとカバーをするように言っている」と言った。

MFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはブラジル選手権で”3ゴール”を決めて、今サントスの得点王artilheiroである。
ポンチプレッタ戦で、サントスが決めた3ゴールのうちの、2ゴールはロドリゴ・タバタの足からでたのであるが、しかしゴールに入る前にポンチ・プレッタのDFによって方向を変えられた。
この2ゴールは、主審によって自殺点とされた。

皮肉を言うならば、ブラジル選手権におけるロドリゴ・タバタの唯一のゴールもまた敵の助けがあった。
ブラジル選手権第4節の対フォルタレーザFortaleza戦で、ロドリゴ・タバタはクロスを蹴った、しかしDFグラウベルがネットに押し込んだ。
この試合の主審のルイス・アントニオ・シウヴァ・サントスLuiz Antônio Silva Santosはロドリゴ・タバタのゴールとした。
論理的には、ロドリゴ・タバタは全く1ゴールも決めていない。

------------------------
これから、サントスの10番に定着するだろうか。
ルシェンブルゴ監督は、彼にとても期待しているように思える。

|

« サッカー・ブラジル杯 その11 ヴァスコ・ダ・ガマ決勝進出 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 再開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10125939

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロドリゴ・タバタはサントスに適合した。:

« サッカー・ブラジル杯 その11 ヴァスコ・ダ・ガマ決勝進出 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 再開 »