« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その19 魔法の4人は、まだ機能せず。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その21 アドリアーノの楽しみ。 »

quinta-feira, 25 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その20

カルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは、5月25日木曜日に、ワールドカップ前のこのトレーニング期間で一番心配なのはブラジル代表の守備の部分であるといった。
パヘイラ代表監督は、ブラジルはボールを持たないプレイを覚える必要があると思っている。

「これらの選手達に教えることは何もない。 ボールを持たないチームを強化することと、試合の哲学を与えることである。 ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoのような選手達は自由が必要である。 ボールを持てば彼らは決定することを知っている。 それで、そうする。 全ての選手が名選手であり決定することと困難な状況に対応できる。 ただ必要なのはボールを持たないチームを強化することである。 目的は共同責任のチームにすることである」

パヘイラParreira代表監督は、ブラジルが才能に満ちているという事実が、ワールドカップで簡単に勝てる国ということを意味しないことを警告した。

「ブラジル代表は世界のサッカーのよい選手達でできている。 しかしそれはワールドカップに優勝するということを意味しない。 チームとしての機能でプレイする才能が必要だ。 それが出来れば、また優勝するための基本的な一歩となる。 才能だけでは十分ではない」

---------------------------
才能といっても、どの選手も際だっている。

それだけでも、十分にすごいことなのだが。

|

« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その19 魔法の4人は、まだ機能せず。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その21 アドリアーノの楽しみ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10245438

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その20:

« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その19 魔法の4人は、まだ機能せず。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その21 アドリアーノの楽しみ。 »