« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その55 サブリナ・サトウ、メキシコへ飛ぶ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その35 パヘイラ代表監督の出発 »

segunda-feira, 22 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その34 ブラジル代表のトレーナーは語る。

ワールドカップドイツ大会の戦いのためにスイスSuíçaに出発した、ブラジル代表のトレーナーのモラシー・サンタナMoracy Sant'Annaは、病院での身体検査の結果を見たあとで選手のトレーニングのプログラムを決定すると言った。

この5月23日火曜日と24日水曜日に、ブラジル選手は、一行が合宿をするヴェギスWeggisの近くのルーツェンLucerneにある検査機関で検査を行う。

「検査結果を受け取ったあとに、トレーニングのリズムをどうするかを知るためにそれらを分析する。全て気になる。
でも結果次第だがもっとも疲労している選手達と個別に仕事を行う」と、モラシー・サンタナは出発前に語った。
Spd20060521q

モラシー・サンタナは、ワールドカップまでブラジル代表が準備をする時間は少ししかないことを認めた。
それで、やるべき仕事は、選手の肉体の維持がほとんどだと思っている。

「選手に負荷を掛けすぎないように身体の訓練には注意しなくてはならない。選手が試合で動き回れるかを見るには2つの親善試合で十分だろう」

------------------------
ブラジル代表はこういったスタッフに支えられている。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その55 サブリナ・サトウ、メキシコへ飛ぶ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その35 パヘイラ代表監督の出発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10185710

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その34 ブラジル代表のトレーナーは語る。:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その55 サブリナ・サトウ、メキシコへ飛ぶ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その35 パヘイラ代表監督の出発 »