« ブラジル・サンパウロに「ポルトガル語博物館」が出来た。 その4 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その17 グループリーグ戦でブラジル代表が使用するユニフォームの色が決まった。 »

terça-feira, 9 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その33 コリンチャンスのアデマール・ブラガ監督の任期。

コリンチャンスのアデマール・ブラガAdemar Bragaが、コリンチャンスの本部パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeにいる期間は限られている。

MSIのキア・ジョオラビシアンKia Joorabchian社長は2006年のワールド・カップのあとに、コリンチャンスCorinthiansのために”重量感のある”監督と契約する意思を確認した。

ポルトガル代表監督のルイス・フィリッピ・スコラーリLuiz Felipe Scolari、ブラジル代表監督のカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraなどの名前が挙がっている。

「ワールドカップの後に、我々は3-4年の計画を作らなくてはならない。 いつも監督を変えることは望まない。 他の役員とよく話し合っているところである」と、キア・ジョオラビシアンは明言した。

しかし、コリンチャンスの現在の監督の在任はより短くなるだろう。 キア・ジョオラビシアンはアデマール・ブラガAdemar Braga監督の在任をワールドカップ・ドイツ大会の終了まで保証している。

「アデマール・ブラガ監督はいい感じで始まった。 しかし、彼は先週木曜日の対リバー・プレート戦ではある間違いを犯した。 でも彼だけではない。 このことについても考えなければならない。 何も決定はしていない」と、キア・ジョオラビシアンは言った。

コリンチャンスCorinthiansは、5月7日日曜日の対サンパウロ戦では3対1で敗れた。 
ブラジル選手権Campeonato Brasileiroでは僅か勝ち点3点で17位であり、降格圏内zona de rebaixamentoにいる。
しかし、アデマール・ブラガAdemar Bragaの運命を決定したのは実際には、5月4日木曜日にリバー・プレートRiver Plate戦で3対1で敗れたことである。

ホームでの大敗により、コリンチャンスがリベルタドーレス杯南米選手権から敗退することになった。
そして、コリンチャンスのファンが、競技場内で「打ち壊し」を引き起こし、グランドに侵入し、警察と対峙することになった。

-------------------------
キア・ジョオラビシアンの言うことに新奇なものはない。

ブラジルの監督で、4-5年も在任できたのは、先月無くなったテレ・サンタナが1992-96年頃のサンパウロFCの監督だった頃からない。
平均で在任は100日くらい。
チーム作りする暇もない。
選手もコロコロ変わるし、試合も多い。

|

« ブラジル・サンパウロに「ポルトガル語博物館」が出来た。 その4 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その17 グループリーグ戦でブラジル代表が使用するユニフォームの色が決まった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9998616

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その33 コリンチャンスのアデマール・ブラガ監督の任期。:

« ブラジル・サンパウロに「ポルトガル語博物館」が出来た。 その4 | Main | サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その17 グループリーグ戦でブラジル代表が使用するユニフォームの色が決まった。 »