« サッカー:リカルド・オリベイラは12月までサンパウロFCにいたい。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦3 試合後の混乱 »

sexta-feira, 5 de maio de 2006

サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦2 試合と混乱

5月4日(木)21時45分から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われたリベルタドーレス杯南米選手権のコリンチャンス対リバープレート戦
Spd20060504e

-------------------------
実は、拙宅のADSLがこの試合開始前の21時過ぎからとまった。
未明まで止まっていた。
復旧作業に努めたが、出来なかった。

朝になったら、簡単に復活できた
こちらが原因ではなかったようだ。

-------------------------
(コリンチャンスの先発メンバーと控え)
Spd20060504f
Spd20060504g

(リバー・プレートの先発メンバーと控え)
Spd20060504h
Spd20060504i

試合の方は、
前半の終わりに、ニウマールがフリーキックを頭で合わせて、ゴール。

前半を1対0で終えた。

しかし、
後半に、まずコエーリョが自殺点で同点になった。

この後試合の流れが変わり、
後半20分過ぎに、更にリバー・プレートが追加点。

これで、コリンチャンスの夢は潰えようとしていた。
コリンチャンスは、1対0もしくは2対1で勝利しなければならなかったのだが、
非常に困難になった。

更に、後半30分をすぎて、またまたリバープレートがだめ押しのゴール。

1対3。 2点差となると、もういくら何でも無理だ。
「20060504JG-L-Corinthians-RivePlate.wmv」をダウンロード

グラウンド内に乱入者がでた。

超満員だった観客がどんどんと帰り始めた。

そして、パカエンブー競技場の北側ゴールの裏側にある正面ゲート付近で、一部のファンが騒ぎ始めた。

観客席とグラウンドを隔てる柵に登り、乱入の機会をうかがうものがいる。

そして、柵の一部は両開きの扉になっているのだが、数十人がそれを開けようと、揺すぶり始めた。

警察官も内側で待機する。

そのうちに扉の片方が空いた。
乱入はしてこないが、もう一方の扉も開けようとしていた。

そして、開いた。

逆に警察がそこからでて、小競り合いが始まった。
暴れている観客は多くない200名から400名だ。
それほど多くはない。

大抵の観客は下がっている。

警察が、ガス弾などを使って、このあたりの暴徒は鎮圧した。
「20060504JG-L-Corinthians-Pacaembu-Confucao.wmv」をダウンロード

この混乱のさなか、後半40分で審判は試合の安全が保てないとして、試合終了とした。

コリンチャンスは、1対3で敗れた。

またもや、リベルタドーレス杯南米選手権でベスト8には入れなかった。

※試合および乱闘映像あり。

-------------------------
試合に行かなくて良かった。

|

« サッカー:リカルド・オリベイラは12月までサンパウロFCにいたい。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦3 試合後の混乱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9915793

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦2 試合と混乱:

« サッカー:リカルド・オリベイラは12月までサンパウロFCにいたい。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦3 試合後の混乱 »