« サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 | Main | ブラジル・サンパウロの裁判 »

sábado, 6 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その28 サンパウロFCは、定期便でサン・ジョゼ・ド・リオ・プレットへ。

この日曜日(5月7日)に行われる、ブラジル選手権の第4節の”クラシコ”コリンチャンスCorinthians対サンパウロSão PauloFCの試合地が変更されたことは、サンパウロFCの役員には良いようには受け取られていない。
Spd20060506e

サンパウロのパカエンブーPacaembu競技場から、サンパウロから500キロも離れたサン・ジョゼ・ド・リオ・プレットSão José do Rio Pretoに移動したことにより、サンパウロFCは7万レアル(400万円)もの航空券代を負担しなければならない。
サンパウロFCにとってもっとも大きな心配は、選手の疲労である。
というのは来週の水曜日に、リベルタドーレス杯南米選手権の対エスツダンテスEstudiantes戦の試合のために、アルゼンチンArgentinaに行かなくてはならないからである。
それで、チームは土曜日の午後にサン・ジョゼ・ド・リオ・プレットに行き、日曜日の午後に戻ってくる。

-------------------------
また、コリンチャンスはサンパウロFCに頭が上がらなくなった。
まあ、全く気にしていないだろう。

エスツダンテスがサンパウロFCに勝って欲しいと思っているのが、「まっとうな」コリンチャンスのファンの願いのはずである。

|

« サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 | Main | ブラジル・サンパウロの裁判 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9923434

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その28 サンパウロFCは、定期便でサン・ジョゼ・ド・リオ・プレットへ。:

« サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 | Main | ブラジル・サンパウロの裁判 »