« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その58 今週もビデオ・レター。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その9 その後 »

segunda-feira, 29 de maio de 2006

ブラジル・サンパウロは「秋」 その13 5月28日

ブラジル・サンパウロは、今週の木曜日まではちょうど1週間寒かった。

寒いか寒くないかは、雲があるかないかにかかっていて、低くたれ込めていて、日が覗かないと寒いのだ。
先週末には一日雨が降ったりして、気分までめいってしまいそうだったが、
久しぶりの雨なので我慢した。

木曜日には、サンパウロ上空に止まっていた寒冷前線が通過して、晴れたのだが、
乾燥した寒気団が来たそうで、晴れている割りには寒かった。

ただ日中は気温は上がるのである。
空気は冷たいのだが、日光に当たると暖かいのである。
汗ばむくらいになるのだ。

10時頃までは寒いのだが、それから気温はグンと上がる。
そして15時を過ぎて、日が傾くと気温がグンと下がるのだ。
夏でもこれは同じような感じである。

だから、家を何時に出たかによって、街を歩いている人の服装が違うのだ。
重武装している人は、やはり早朝に郊外から出て来た人だ。
日中、住宅街で半袖で歩いている人は、その辺の人だ。

日中は暖かくなるので、上着は厚くして、下はTシャツという人も多い。
極めて合理的である。

昼間には、同じ道を半袖どころかノースリーブで歩いている女性もいれば、
厚いコートやセーターで歩いている人もいる。
足元を見るとブーツもいれば、裸足のような人もいる。

自分でよく考えて服装を決めないと、全くあてにならない。

人は人として、まあ厚着にしておいた方が無難だ。

昔、情報が何も無くて、サンパウロはブラジルで、亜熱帯に属するからといって、冬の服なんか持ってこなくて
大変な目にあった。
商店でも、あまり良いものは売っていなくて、安くはなかった。
ウールが無くてアクリルのものが多かった。

今は、東京の渋谷の厳冬の時に来ていたものを、ちゃんと来ている。

まあ、それに今は商店では冬物を沢山売っている。
種類も多くなったし、デザインも良くなった。

5月27日(土)と28日(日)は、晴れたし、気温も上がった。
多分26度くらいまで、最高気温は行ったのではないだろうか。

日光を沢山浴びて、気持ちの良い日になった。
どちらの日も、ほとんど快晴であった。
空の青さが、本当に眩しい日であった。
Spd20060528h

こういう日が続けばいいのだが。

27日の夜は、珍しくそれほど寒くはならなかった。
28日の夜も、24時でも17度とちょっと高めだ。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その58 今週もビデオ・レター。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その9 その後 »

Comments

ほんと、こんな日が続くといいですね。
昨日は洗濯物を一気に洗い上げました。
セーターは悲惨なものが多かったですが、
最近色、種類も豊富に出回ってきているように思います。
でも、ウール100パーとか羊毛とかうさぎの毛とか
この辺ではまず見かけませんが。。
日本から持ち込んだ冬服が重宝しています。

Posted by: dindinha | segunda-feira, 29 de maio de 2006 at 10:42

>dindinha様
ブラジルは南部では羊毛用のヒツジもいるのですけど、質が悪くウルグアイやアルゼンチンから原料を持ってきていました。それでも、毛100%はほとんど無かったようです。何かアクリルの方が価値があるようなところですね。 毛布もそうでしょう。日本の冬物が十分使える、亜熱帯のサンパウロは変なところですね。

Posted by: Sao Paulo | quarta-feira, 31 de maio de 2006 at 12:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10291907

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「秋」 その13 5月28日:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その58 今週もビデオ・レター。 | Main | ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その9 その後 »