« サッカー・ブラジル選手権2006 その35 エルトンも喜ぶ。 | Main | ブラジルの経済2006 その10 Varigの競売 »

terça-feira, 9 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その36 完全防備のコリンチャンス。

コリンチャンスCorinthiansの選手達は、5月4日(木曜日)に行われたリベルタドーレス杯南米選手権Taça Libertadores da Américaの対リバープレートRiver Plate 戦の敗戦のあと、ファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウから逃亡しているチームの逃避地となったパラナ州のクリチーバCuritibaで「軍政下」にある。

選手達は、ホテルとパラナ州の州都capital paranaenseのクリチーバから15キロ離れたアツレチコ・パラナエンシAtlético-PRの持っているカジュCajuのトレーニングセンターにおいても、ファンからの接触から隔離される。

マスコミの接近もまた制限される。
選手は、選手の露出をさせる目的で、街から遠く離れたところで僅かなインタビューを受ける。

選手は、毎日カジュCajuのトレーニングセンターで練習をする。
マスコミは、建物から離される。
撮影も火曜日と水曜日には8つある練習グラウンドの一つで、それも僅か15分に限られる。

コリンチャンスの広報担当者によると、コリンチャンスは1週間に2度門を開けるというアツレチコ・パラナAtlético-PRのしきたりにしたがってる。

インタビューは、練習をしているグラウンドから離れた隔離された部屋で15分間おこなわれる。
最大2選手までだ。

今のところ、コリンチャンスの広報担当者は、クリチーバのセントロにあるホテルの2つの窓を開けると約束した。
そのホテルに一行は宿泊しており、ある選手がレポーターに姿を見せることになる。

-------------------------
今のコリンチャンスは、とっても情けないぞ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その35 エルトンも喜ぶ。 | Main | ブラジルの経済2006 その10 Varigの競売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10001548

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その36 完全防備のコリンチャンス。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その35 エルトンも喜ぶ。 | Main | ブラジルの経済2006 その10 Varigの競売 »