« サッカー・ブラジル選手権2006 その56 パカエンブー競技場での試合はまたも禁止。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その56 サブリナ・サトウが語り、そして唄い踊った。 »

terça-feira, 23 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その6 ヴェッギスの芝生は合格。

ブラジル代表が6月3日まで練習を行うヴェッギスのテルモプラン・アレーナThermoplan Arenaの芝生は、コーチ陣が合格とした。

スーパーバイザーのアメリコ・ファリアAmérico Faria、トレーナーのモラシー・サンタナMoraci Sant’anna、GKトレーナーのヴェンデル・ラマーリョWendell Ramalhoは5月22日月曜日にサッカー場のチェックを行った。
Spd20060522h

代表監督のカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto ParreiraとコーディネーターのザガーロZagalloはホテルにいた。

「とても良い。 ちょっと前に来たときには心配した。状態が悪かったのを見た。 しかし、この2週間でうまくやってくれたようだ。芝生は選手に合格だ」と、アメリコ・ファリアAmérico Fariaは言った。

4月と5月の初めにもヴェッギスWeggisには雨が降ったことで、新しい芝生は定着するのが遅れた。 それでブラジルサッカー協会としてはとても心配していた。それで計画Bを考えて、ルーツェンLuzernまでトレーニングに行くことを考えていた。

しかし、時が救ってくれた。 受け入れ組織はブラジル代表を受け入れるために芝生の交換を急いだ。 心配は今や灌水システムのほうになった。  

---------------------------
ただブラジル代表が2週間使用するために、仮設ではあるが立派な観客席まで設置した。
Spd20060520f
Spd20060520e
Spd20060520g
Spd20060520h

もちろん、練習の見物は有料である。
それだけの価値のあるメンバーが揃っているのが、ブラジル代表だ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その56 パカエンブー競技場での試合はまたも禁止。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その56 サブリナ・サトウが語り、そして唄い踊った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10202462

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その6 ヴェッギスの芝生は合格。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その56 パカエンブー競技場での試合はまたも禁止。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その56 サブリナ・サトウが語り、そして唄い踊った。 »