« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その34 ブラジル代表のトレーナーは語る。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 »

segunda-feira, 22 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その35 パヘイラ代表監督の出発

スイスSuíçaのヴェギスWeggisへ向かう、ブラジル代表seleção brasileiraはリオ・デ・ジャネイロの国際空港を出発した。
ブラジル代表監督のカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto監督は空港にやってきていたファンの大歓声に送られた。

”6回目の優勝”"hexacampeão", のかけ声の中、1994年のワールドカップ米国大会の前の雰囲気とは全く違った、フェスタの中にいた。

「みんなの優しさに包まれてとても幸せだ。 今までうまくやって来た仕事の成果だ。ワールドカップ・ドイツ大会で優勝して再び受けられることを期待している」

「ここまでやって来たことを信頼しているし、満足している。 みんなが望んでいることに到達するために最初の一歩を進めた。」
Spd20060521v

------------------------
カルロス・アルベルト・パヘイラ代表監督は、1994年の米国大会での優勝監督である。
それでなくても、この3年半のブラジル代表の試合の結果で、絶大な信頼を得ている。

ブラジル国民は、サッカーの試合における監督の重要性をよく知っている。

|

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その34 ブラジル代表のトレーナーは語る。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10187030

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その35 パヘイラ代表監督の出発:

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その34 ブラジル代表のトレーナーは語る。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2006 »