« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その28 ロベルト・カルロスがカフーと並びたいと言った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その29 ロナウドが2ゴール。 »

domingo, 28 de maio de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その61 パカエンブー競技場の修理完了。

パウロ・マシャード・ヂ・カルヴァーリョ競技場estádio Paulo Machado de Carvalho が、新たに整備された。
サンパウロ市のスポーツ・レジャー・レクリエーション局Secretaria de Esportes, Lazer e RecreaçãoはコリンチャンスCorinthiansにパカエンブーPacaembu競技場の修理完了を書面で伝えた。

これによって、長い期間にわたってコリンチャンスの実質的なホームであるこの建物が新たにコリンチャンスによって使用できることになる。

使用許可にもかかわらず、コリンチャンスはこの上半期はこの愛して止まない舞台を使用しない
リベルタドーレス杯南米選手権Taça Libertadores da Américaに敗退したあとすぐの安全と、ファン組織のガヴィオンエス・ダ・フィエウのとの関係で問題により、コリンチャンスCorinthiansはサンパウロにおけるブラジル選手権Campeonato Brasileiroの試合を代替場所で行わせるように依頼した。

6月1日の対ゴイアス戦と、6月4日のフラメンゴ戦は、ともにモルンビー競技場で行われる。

---------------------------
パカエンブー競技場に戻ってくるのは、いつになるのか。
ワールドカップ後に、ブラジル選手権が再開される7月中旬にはパカエンブー競技場を使用するのであろうか。

パカエンブー競技場にコリンチャンスの試合を見に行ったのは、4月下旬が最後である。
2ヶ月半は行かないことになる。

夜でも自宅から歩いていけるという、数少ない娯楽なのである。
そろそろ戻ってきて欲しいものである。
コリンチャンスの年間の試合は、最大で80試合を超えるはずだったが、リベルタドーレス杯南米選手権では敗退したので、80試合を割ることになった。
そのうちの半分は、ホームで行われることになるのだが、そのホームから逃げているので、パカエンブー競技場での試合は30試合もないことになるかもしれない。

まれに、パルメイラスやサンパウロFCが使用することもあるが、どうも落ち着かないようだ。

※パウロ・マシャード・ヂ・カルヴァーリョ競技場というのが、パカエンブー競技場の正式名称である。

|

« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その28 ロベルト・カルロスがカフーと並びたいと言った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その29 ロナウドが2ゴール。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10273735

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その61 パカエンブー競技場の修理完了。:

« サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その28 ロベルト・カルロスがカフーと並びたいと言った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 スイス合宿 その29 ロナウドが2ゴール。 »