« サッカー:マルセリーニョ・カリオカが、来週から合流。 | Main | サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 »

sábado, 6 de maio de 2006

サッカー:連邦警察がパカエンブー競技場を捜索

5月4日(木曜日)、リベルタドーレス杯Taça Libertadores南米選手権のコリンチャンスCorinthians対リバー・プレートRiver Plate戦が行われていたパカエンブーPacaembu競技場の貴賓室に、連邦警察Polícia Federalの捜査員が、ロシアの富豪ボリス・ブレゾフスキーBoris Berezovskyを探してやって来た。

試合のインターバルに、5人の連邦警察Polícia Federalの捜査員が、あるものは手に武器を持って、パカエンブー競技場estádio do Pacaembuの観覧席に入ってきた。
Spd20060510y

捜査員は、ロシアの富豪ボリス・ブレゾフスキーBoris Berezovskyを探していた。
MSIのキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianの友人で、ヴァリグVarigを買う交渉のためにブラジルにいると認められていた。
ボリス・ブレゾフスキーは競技場に現れると期待されていたが、現れなかった。

-------------------------
そのボリス・ブレゾフスキーは、サンパウロのグリューリョス空港aeroporto internacional de Guarulhosで身柄を拘束された。

ロシア人の富豪ボリス・ブレゾフスキーBoris Berezovskyは、5月5日金曜日の朝サンパウロSão PauloのクンビッカCumbica飛行場で拘束され、連邦公共省Ministério Público Federalでの尋問のために連れて行かれた

ボリス・ブレゾフスキーは、MSIの出資者の1人と目されているが、MSIのキア・ジョオラビシアンKia Joorabchian社長はこのボリス・ブレゾフスキーとの一切の取引関係を否定している。
キア・ジョオラビシアンは、2人が単なる良い友達ということを認めた。

公共省Ministério Públicoは、コリンチャンスCorinthiansとMSIの出資関係を捜査している連邦検事のロドリゴ・ヂ・グランヂスRodrigo di Grandisとシルヴィオ・ルイス・マルチンスSílvio Luis Martinsの要求で、第6刑事裁判所のマルシオ・ラシェドMárcio Rached判事によって認めた身柄の強制権を支持した。

ボリス・ブレゾフスキーは、英国で亡命生活を送っているが、6時に身柄を拘束されて、金曜日の14時まで尋問を受けた。
彼は拘置所に行くことはない。

-------------------------
ボリス・ブレゾフスキーは、ロシアから逃れて、英国にいるわけだ。

ロシア・マフィアとの関係などが取りざたされており、
資金の洗浄を目的に、MSIを通して、スポーツに投資しているともいわれている。

コリンチャンスのただ一つの試合だけで、いくらでも話題が出てくる今日5月5日であった。

|

« サッカー:マルセリーニョ・カリオカが、来週から合流。 | Main | サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9922724

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:連邦警察がパカエンブー競技場を捜索:

« サッカー:マルセリーニョ・カリオカが、来週から合流。 | Main | サッカー:英国チェルシーの監督が、パカエンブー競技場にいた。 »