« ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 いくつかの光景 | Main | サッカー:サンパウロのパカエンブー競技場での夢のような試合。 その3 »

sexta-feira, 19 de maio de 2006

サッカー:サントスの控訴審

サンパウロの裁判所Tribunal de Justiçaは、来週水曜日に、サントスの法務部からの控訴を審理する。
これは、4月2日に行われたサンパウロ州選手権の対サンパウロ戦のあとで、主審のロドリゴ・マルチンス・シントラRodrigo Martins Cintraに対する「口撃」に対してスポーツ裁判所よりだされた、ヴェンデルレイ・ルシェンブルゴ監督Vanderlei Luxemburgoの60日の試合への参加の禁止処分に対して行われた控訴である。

この時に、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は、主審のロドリゴ・マルチンス・シントラが試合中ずっと”色目を使った” "paquerou"といった。

「彼が何か判断するときにはいつも、自分を見ていた」と言った。

4月24日の最初の審判では、ヴェンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は60日間の罪となった。
スポーツ正義条例Código Brasileiro de Justiça Desportiva (CBJD)の第188条の審判に対する不敬もしくは口撃によって罰せられることになった。

------------------------
この主審が、試合中ずっとヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督を見ていたのは、事実である。

主審を、ルシェンブルゴ監督の抗議や指示に対して、退場にしてやろうと、挑発していたはずである。

(試合映像あり。)

|

« ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 いくつかの光景 | Main | サッカー:サンパウロのパカエンブー競技場での夢のような試合。 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10139023

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:サントスの控訴審:

« ブラジル・サンパウロでの警察への攻撃 その8 いくつかの光景 | Main | サッカー:サンパウロのパカエンブー競技場での夢のような試合。 その3 »