« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その30 ロナウヂーニョ・ガウーショ帰郷 | Main | ブラジルの経済2006 その10 アルコールとガソリン »

sábado, 20 de maio de 2006

サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その31 ロベルト・カルロスは、大統領を訪問。

ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァLuiz Inácio Lula da Silvaは、5月20日午後にブラジリアBrasíliaのアウヴォラーダ宮殿Palácio da Alvoradaで、ブラジル代表の左SBのロベルト・カルロスRoberto Carlosの訪問を受けた。
Spd20060520c

面会にやってきたときに、ロベルト・カルロスは2004年の8月にハイチHaitiでハイチ代表との”平和の試合Jogo da Paz”の時にルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァ大統領と約束したことを果たすためにブラジリアBrasíliaに来たと言った。

「自分が決めたことだ。 個人的な約束だ」と、ロベルト・カルロスは言った。

歌手のアレシャンドレ・ピーレスAlexandre Piresを連れて、ロベルト・カルロスRoberto Carlosはルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァ大統領にブラジル代表のユニフォームを贈った。
Spd20060520d

金曜日に報じられていた一緒に来るはずのロビーニョは確認されなかった。

------------------------
ロベルト・カルロスにとって、おそらく最後のワールドカップ出場だ。

頑張って欲しい。

|

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その30 ロナウヂーニョ・ガウーショ帰郷 | Main | ブラジルの経済2006 その10 アルコールとガソリン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10165872

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その31 ロベルト・カルロスは、大統領を訪問。:

« サッカー・ブラジル代表 ワールドカップ態勢 その30 ロナウヂーニョ・ガウーショ帰郷 | Main | ブラジルの経済2006 その10 アルコールとガソリン »