« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦2 試合と混乱 | Main | サッカー・ブラジル杯 その9 ベスト4決定。 »

sexta-feira, 5 de maio de 2006

サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦3 試合後の混乱

5月4日(木)21時45分に、サンパウロのパカエンブー競技場で行われた、サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権のコリンチャンス対リバープレート戦は、リバープレートが3対1でコリンチャンスを破った。

試合は、後半40分に終了が宣告されたようだ。

観客は、後半30を過ぎて、コリンチャンスの敗戦がほぼ確定し始めた頃から、どんどんと帰り始めた。
23時30分頃のことだ。
気温は15度。 寒い。

このパカエンブー競技場のすぐ側の拙宅の周辺には、観客達の車がずらりと止めてあった。
拙宅の前にもだ。

観客達が、車のエンジンを掛けて、出て行く。
あまり会話をすることもなく、出て行く。

競技場の方では、混乱が続いているようなのだが、競技場の外では起きていないのかもしれない。
拙宅の付近ではそういった混乱は起きていないようだ。

ただ、ヘリコプターが低く舞っている。

グラウンドから、報道陣も排除されて、引き上げる選手へのインタビューが出来なかった。
コリンチャンスの選手は、ロッカールームに籠もりきりである。

リバープレートの方も、試合終了後30分くらいで、パサレラ監督が短いインタビューに応じた。
彼らは、試合終了後1時間以上も経って、周辺がやや静かになりかけた頃に、警察に前後を保護されて、バスで宿舎に戻った。
上空からはヘリコプターが監視していた。

コリンチャンスについては、結局記者会見は行われなかった。
25時30分になって、テベスと試合には出場しなかったマスケラーノが着替えて出て来たが、係員にがっちりとガードされ、競技場をあとにした。
そのほかの選手も、バスでパカエンブー競技場をあとにしている。
もちろん、警察車両がガードしていたことはいうまでもない。

この時も警察のヘリコプターは低く舞っていた。

結局拙宅の上空が静かになったのは26時過ぎであった。

-------------------------

朝になり、また再びニュースの時間になり、ヘリコプターが舞っている。

5月7日(日)16時から、このパカエンブー競技場で行われることになっていた、
ブラジル選手権の第4節のコリンチャンス対サンパウロ戦について、
安全上の理由で競技場が替わるかもしれないと報じられている。

今日から、チケットの発売開始のはずなのだが。


|

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦2 試合と混乱 | Main | サッカー・ブラジル杯 その9 ベスト4決定。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/9916154

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦3 試合後の混乱:

« サッカー・リベルタドーレス杯南米選手権 その35 コリンチャンス対リバープレート戦2 試合と混乱 | Main | サッカー・ブラジル杯 その9 ベスト4決定。 »