« ブラジルで起きていること その1 土地無き農民運動 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その13 公開練習のチケットは72分で売り切れ。 »

quarta-feira, 7 de junho de 2006

サッカー:リカルド・オリベイラはサンパウロFCにいたいとまた言った。

6月4日にブラジル選手権の第10節の対ジュヴェンチューヂ戦が行われたカシアス・ド・スルCaxias do Sul,から戻ってきて、リカルド・オリヴェイラRicardo OliveiraはまたいちどサンパウロFCに権利が終了する8月10日以降もいたいとの希望を語った。
リカルド・オリヴェイラは契約を延ばすための交渉は進んでいて、彼は合意に達するのは遅れると見ている。

「ベチスBetis (ESP)とは毎日コンタクトしている。 全ての交渉は遅れる、しかし彼らは自分が少なくとも12月まではここに居たがっていることは知っている」と言った。

スペインのクラブの社長はリカルド・オリヴェイラを助けようとはしていない。
スペインEspanhaの"AS"紙によると、ベチスはリカルド・オリヴェイラがプリ・シーズンの8月12日に再集合しないときには、1百万ユーロの罰金を徴収する。

-------------------------
ブラジル選手権は、現在ワールドカップのために中断している。
再開は、7月12日。
リカルド・オリヴェイラが、サンパウロFCのユニフォームを着るのは、もう何試合もない。

そういえば、バレンシアに移籍という話も出て来ていたような。


|

« ブラジルで起きていること その1 土地無き農民運動 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その13 公開練習のチケットは72分で売り切れ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10424727

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:リカルド・オリベイラはサンパウロFCにいたいとまた言った。:

« ブラジルで起きていること その1 土地無き農民運動 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その13 公開練習のチケットは72分で売り切れ。 »