« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その37 ロナウドはまた他の選手に追いついていない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その38 エーメルソンがロナウドについて語る。 »

sábado, 17 de junho de 2006

ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その1 300万人

ブラジル・サンパウロの「ゲイ・パレード」が、6月17日に行われた。

今年で、第10回目になる。
世界最大の規模の「ゲイ・パレード」である。

14時に、パウリスタ大通りのMASP(=サンパウロ美術館)前を出発し、コンソラソン大通りを下り、歴史的中心部セントロのレパブリカ広場に向かう。
解散は20時である。
Spd20060617a

昨年は、5月末の日曜日に行われた。
今年は、ワールドカップのブラジル代表の試合の関係もあって、
6月のそれも土曜日に行われることなった。

トリオ・エレクトロTrio Electroと呼ばれるトレーラの後ろに「超大音響を出す」スピーカーを引っ張り、その上にはお立ち台があるものが23台参加した。
Spd20060617d

今日のサンパウロは朝とても冷えていたのだが、昼になって快晴になり、気温は25度くらいまで上がった。

13時過ぎに、拙宅から歩いて、見物に出かけた。

昨年よりも、参加者も、人出も少なかったように思ったのだが、それでも300万人という報道もある。
そこまではいなかったと思う。
Spd20060617c

またまた、数多くの「異形の」人々が出現していた。

このパレードは、拙宅から400メートルくらいのコンソラソン大通りを通過していくのだが、
大音響は16時過ぎまで聞こえていた。
Spd20060617b

このパレードの目的は、ゲイに対する偏見を無くそうということで、
始まっているわけなのだが、
つまりそれはゲイだけではなくあらゆる社会的な弱者への偏見を無くそうということだ。
もっと言うと、ありとあらゆる違い(思想、信条、趣味、嗜好、人種、宗教)を越えて、
人間は人間だと尊重しようということである。

ブラジルは、「人間賛歌」の国だ。
こういうときに、ブラジルは良い国だと思う。
多分、日本では「絶対に無理」なイベントだ。

|

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その37 ロナウドはまた他の選手に追いついていない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その38 エーメルソンがロナウドについて語る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10572878

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その1 300万人:

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その37 ロナウドはまた他の選手に追いついていない。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その38 エーメルソンがロナウドについて語る。 »