« サッカー・ブラジル選手権2006 その100 ロドリゴ・タバタは準備万端。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その101 マルセリーニョ・カリオカは、大学の試験中。 »

quarta-feira, 21 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 日本戦 その7 パヘイラ代表監督は何も語らない。

ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraはミステリーを守っている。
6月20日火曜日の、ベルギッヒ・グラヂバッハBergisch Gladbach市でのトレーニングでは、パヘイラ代表監督は正選手と控えを混ぜて戦略練習を行った。
どの選手が休んで、どの選手が6月22日木曜日にドルトムンドDortmundで行われる日本Japão戦に出場するかは判断できない。

ブラジルBrasilはすでに決勝トーナメント進出を決めているが、グループFを1位で通過するためには最低引き分けが必要である。
4人の選手がイエローカードを1枚もらっている。
ロナウドRonaldo、ロビーニョRobinho、エーメルソンEmerson、カフーCafu。

トレーニングで良かったのはロナウドだ。
ロナウドRonaldoはゴールを決めたりポールに当てたりと、ゴールのトレーニングでは良いところを見せてた。
そらに、戦略練習でもよく動いていた。

最初に、パヘイラParreira代表監督はグループを3つに分けた。
ジャケット無しのチームには、ルーシオLúcio、アドリアーノAdriano、エーメルソンEmerson、カカKaká、ロビーニョRobinho、カフーCafu、ジルベルト・シウヴァGilberto Silva。
緑のジャケットには、ジルベルトGilberto、クリスCris、ルイゾンLuisão、シシーニョCicinho、フレッヂFred、リカルヂーニョRicardinho、ジュリオ・セーザルJúlio César。
赤のジャケットのチームには、ゼ・ロベルトZé Roberto、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúcho、ロベルト・カルロスRoberto Carlos、フアンJuan、ミネイロMineiro、ジュニーニョ・ペルナンブカーノJuninho Pernambucano、ロナウドRonaldo。
攻めと守りで、ゴールを続けていった。 ボールを盗られると、別のチームが入った。

その後で、パヘイラ代表監督はゴール練習をちょっと行った。
SBとMFがクロスをあげて、FWが中盤からゴールを決める。
10分後に、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúcho、カカKaká、ロベルト・カルロスRoberto Carlos、ゼ・ロベルトZé Robertoが残って、ファールのトレーニングを行った。 一番良かったのはロナウヂーニョ・ガウーショだった。

----------------------------
ロナウドの復調が本物であればよいのだが。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その100 ロドリゴ・タバタは準備万端。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その101 マルセリーニョ・カリオカは、大学の試験中。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 日本戦 その7 パヘイラ代表監督は何も語らない。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その100 ロドリゴ・タバタは準備万端。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その101 マルセリーニョ・カリオカは、大学の試験中。 »