« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その10 ロナウドは語る。 | Main | ブラジルのテレビ デジタル放送は日本のシステムになった。 »

quinta-feira, 29 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その11 アドリアーノが沈黙を破った。

アドリアーノAdrianoが沈黙を破った。
ブラジルのマスコミを2つ批判した。
それで、アドリアーノは迫害されていると思って、インタビューを受けるのを止めた。

「もう1年以上、彼らは自分をチームから外そうと望んでいた。 ただ自分が話すことを叩き、歪めることだけやって来た」と、アドリアーノAdrianoはトレーニングの前に、外国のマスコミに言った。

アドリアーノは、インタビューを受けて、ロビーニョRobinhoの隣でプレイすることを望んでいると明言した後に、ブラジルのマスコミimprensa brasileiraに話すのを止めていた。

アドリアーノAdrianoは、彼のプレイのスタイルは、ロナウドRonaldoよりもっと動くロビーニョと調和してきたと言った。

側にいた人よると、アドリアーノが、彼は理由を説明しなかったが、アドリアーノの代表での良い結果はロナウドではなくロビーニョが隣にいたときだったいったことで起きた。 しかし、これは、彼によると、好みを意味したのではない。

ラジカルなメディアによって、アドリアーノAdrianoは、広報を通じてもいかなる説明もすること無しにブラジルのマスコミへ話すのを止めることにして、沈黙した。

「アメリカ杯から、ブラジルのマスコミは自分か理由でチームが良い試合が出来ないとして、自分がチームを出なくてはならなくなるようにタイプライターのキーを叩いてきた。どうしてそういうことが起きるのか知らない。 自分がブラジル代表の正選手になるために戦ったことは正しいことではないの。 ブラジルのマスコミは最後に笑うものがより笑うというと言うように悪いことをするだろう」と、アドリアーノAdrianoは言った。

-----------------------------
アドリアーノは、とても疲れているようだ。
元々、とても気が優しくて、どう見ても器用ではないタイプだ。

代表の中でも、本当に貧しい階層の出身だった1人だ。
ほとんどの代表は貧しかったかもしれないが、
ブラジルの中ではむしろ一般の階層に属していた家庭が多い。
楽器をやるわけでもない、ただただみんなに静かについて行っているタイプだ。

ロナウドが本当に引退すると、アドリアーノがブラジル代表を支えなくてはならない。
ブラジルでも、アドリアーノのような大型FWは貴重である。

マスコミは元々、言葉の一部を取りあげて、報道するので、
文脈がわからないと、とんでもない解釈をされることがある。
どこのマスコミでも、商業主義に犯されているわけで、
センセーショナリズムになってしまう。

そういうことで傷つけられた人は多い。
アドリアーノもその1人のようだ。
まだ24才のアドリアーノは、まだそれほど精神的に強くなっていない。

初めてブラジル代表に選ばれたときも、
非難されている。
その時の監督は、エーメルソン・レオンだ。

イタリアに行っても、
最初はなじめなくて、叩かれている。
今のインテルに戻って、やっと馴染んだようなものだ。

なんだか、アドリアーノの置かれている立場を思うと、涙が出そうになる。

がんばれアドリアーノ。

-----------------------------
ブラジルのマスコミも変なのも多いが、
イタリアはどうなのかな。

|

« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その10 ロナウドは語る。 | Main | ブラジルのテレビ デジタル放送は日本のシステムになった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10731667

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その11 アドリアーノが沈黙を破った。:

« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その10 ロナウドは語る。 | Main | ブラジルのテレビ デジタル放送は日本のシステムになった。 »