« サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その10 大統領の試合批評 | Main | サッカー:ニウマールは、リヨンからコリンチャンスへ移籍決定4 »

quinta-feira, 15 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その33 ロナウドは病院で検査を受けた。

ロナウドRonaldoはブラジルを心配させた。
現地時間6月15日木曜日の未明、ロナウドFenômenoは目眩を訴えて、CBFの車で合宿地の近くの病院に運ばれた。
Spd20060615b

そこで、検査を受けたが、何も異常は認められなかった。 手当を受けて、ホテルに戻った。

CBFの広報担当者によると、ロナウドは木曜日の午後には、他のブラジル代表とともにトレーニングをするだろうということである。

頭痛は、このワールドカップでロナウドRonaldoが被っている一連の問題の一つのエピソードである。
初戦の前には、ロナウドは足の靴擦れによる水泡の後に、熱を出してトレーニングを一日休んだ。
そのほかにも、デブかと聞いた大統領との間に論議をうんだ。

クロアチアとの初戦では、ロナウドはブラジル代表としてのプレイを全くしなかった。
1回シュートをしただけで、少ししか動かなかくて、無気力だったことを批判された。 
後半にはロビーニョRobinhoに交替させられた。

----------------------------
またまた、ロナウドが話題を作っている。
これだけ、ロナウドのことばかりだと、本人もつらいだろう。

何かこういう事が起きると、
1998年のフランス大会の決勝戦の、ロナウドのことを思い出してしまう。
前夜に熱を出して、決勝戦には欠場した。
そして、ブラジルはフランスに敗れ、
フランスが地元で優勝した。
パリ祭の直前だった。

あのとき、パリにいた。
優勝の後は、大変な騒ぎだった。
無口になって、フランスを離れた。

|

« サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その10 大統領の試合批評 | Main | サッカー:ニウマールは、リヨンからコリンチャンスへ移籍決定4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その33 ロナウドは病院で検査を受けた。:

« サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その10 大統領の試合批評 | Main | サッカー:ニウマールは、リヨンからコリンチャンスへ移籍決定4 »