« サッカー:ニウマールの移籍について、リヨンが怒った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 日本戦 その4 フレッヂの初ゴール。 »

segunda-feira, 19 de junho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その98 カルロス・アルベルトの目。

特別な目をしているかは別にして、コリンチャンスCorinthiansのMFカルロス・アルベルトCarlos Albertoは、コリンチャンスのプレ・シーズンのトレーニング中には、ボールを使う場合には「プロテクター」を使用することを検討している。
カルロス・アルベルトは、5月21日にサン・ジャヌアリオSão Januárioで行われた、ブラジル選手権Campeonato BrasileiroのヴァスコVasco・ダ・ガマ戦に4対2で勝利した後、リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで喧嘩をして右目を怪我した。

「目は良い。 しかし、新たな問題を避けるのがよい。 頭を冷静にできる。眼鏡とプロテクターのテストをする。 そのように見えるか、着け心地はどうかを知るためだ」と、カルロス・アルベルトCarlos Albertoは説明をした。

網膜の剥離の治療のために、3週間の完全な休みの後で、カルロス・アルベルトは身体造りに何日か必要とする。 カルロス・アルベルトCarlos Albertoは普通通りトレーニングをするし、サンパウロ州内陸部のアグアス・ヂ・リンドイアÁguas de LindóiaとアチバイアAtibaia,でのシーズン前のトレーニングで、リズムをとり戻ると言った。

「はずれていたときに、自分の間違いについて考えることが出来た。 止まった人も価値が上がった人。 ワールドカップを見ていた。 プレイについて考えていた。 戻れるか心配していた」と、カルロス・アルベルトは明言した。

----------------------------
いつも強気のカルロス・アルベルトが、いつまでもおとなしくしているはずがない。

|

« サッカー:ニウマールの移籍について、リヨンが怒った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 日本戦 その4 フレッヂの初ゴール。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その98 カルロス・アルベルトの目。:

« サッカー:ニウマールの移籍について、リヨンが怒った。 | Main | サッカー・ブラジル代表 日本戦 その4 フレッヂの初ゴール。 »