« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その61 欧州紀行 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その85 コリンチャンスの強化。 »

domingo, 11 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その1 ベルリン入り。

ブラジル代表は、6月13日火曜日に行われるワールドカップCopa do Mundoの初戦のクロアチアCroácia戦が行われるベルリンにいる。

チームは日動日の夜にベルリンBerlimに到着し、ケンピンスキー・ホテル・ブリストルKempinski Hotel Bristolに宿泊している。
Spd20060611i

フランクフルトFrankfurtとベルリンBerlim間の45分間の飛行の後、ブラジル代表は空港で多くのファンの出迎えを受けた。

6月12日月曜日は、選手達は午前中は自由である。
午後はカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreira代表監督が、試合の行われるオリンピコ競技場Estádio Olímpicoでトレーニングを指揮する。

--------------------------
ブラジル代表の選手がホテル・ケンピンスキー・ブリストルhotel Kempinski Bristolに到着したのは22時25分であった。
Spd20060611h
Spd20060611g

ファン達は、約30メートル離れたところからで接触できなかった。

約100名のファンが待っていた。

--------------------------
いよいよブラジルの出番である。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その61 欧州紀行 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その85 コリンチャンスの強化。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その1 ベルリン入り。:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その61 欧州紀行 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その85 コリンチャンスの強化。 »