« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その7 ブラジル代表鉄道に乗ったニュース。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その75 コリンチャンスは、4試合連続無得点。 »

segunda-feira, 5 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その8 パヘイラ代表監督の読書。

休暇だったので、ほとんどのブラジル代表選手達は、合宿にあらわれていない。
コーチ陣の方は、自分たちの仕事で、ブラジル代表が火曜日から練習を始めるグラウンドを視察するためにパークスポーツParkSport・グラウンドに行った。
トレーナーのモラシー・サンタナMoraci Santanaは、賞賛した。

代表監督のカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは、リーグ戦の敵の研究のほかに、バッグに入れてきた書籍を読んで休みを過ごす。

「ウィルソン・チャーチルの伝記biografiaが一冊。 リーダーの考えを知るのが好きだ。 いつも良い発想の源だ。 そのほかに、ダ・ヴィンチ・コード。 みんなこれは良いというのだが、本当にその通りかな」と、パヘイラParreira代表監督は記者に聞いた。

パヘイラ代表監督は、ワールドカップの長い仕事が火曜日から始まるときに2冊のうちの一冊であっても読み終えるのは難しいと知っている。

----------------------------
7月9日までは、お預けだ。

|

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その7 ブラジル代表鉄道に乗ったニュース。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その75 コリンチャンスは、4試合連続無得点。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10411362

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その8 パヘイラ代表監督の読書。:

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その7 ブラジル代表鉄道に乗ったニュース。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その75 コリンチャンスは、4試合連続無得点。 »