« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その14 日本戦は、控の選手にとっての”洗礼”。 | Main | サッカー:グラフィッチがサンパウロFCを訪れた。 »

segunda-feira, 26 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その15 アドリアーノ。

パヘイラParreira代表監督は保留している。
今まで、6月27日火曜日に行われるガーナGana戦にどの選手で組み立てるチームで臨むかについてはコメントしていない。
しかし、多くの人は最初にアドリアーノAdrianoを見ている。

アドリアーノAdrianoは、日本戦以来、引きこもっている。
6月24日土曜日には、マスコミの前を真っ直ぐとおりすぎ、インタビューを拒絶した。
アドリアーノはバスを降りて、彼の名前を叫ぶマスコミの声が聞こえないようにヘッド・ホーンをして、ミックスゾーンを通り過ぎた。

いつもマスコミに答えてくれるアドリアーノにはこういった態度はなかった。

アドリアーノは、とても神妙な顔をしてトレーニングをしている。

----------------------------
イエローカードをもらっていたわけでもないのに、日本戦に全く出場できなかったアドリアーノ。

ロナウドは復調の機会が与えられて、その機会を生かすことが出来たが、
アドリアーノはその機会をえることができるのだろうか。

ブラジルのマスコミは、日本戦のあとに、
ロナウド-ロビーニョでいくべきだと言っていた。

しかし、ロビーニョが筋肉痛を訴えた今、また状況は混沌としてきた。

|

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その14 日本戦は、控の選手にとっての”洗礼”。 | Main | サッカー:グラフィッチがサンパウロFCを訪れた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その15 アドリアーノ。:

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その14 日本戦は、控の選手にとっての”洗礼”。 | Main | サッカー:グラフィッチがサンパウロFCを訪れた。 »