« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その5 余計なお世話の審美歯科医 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その6 家族達の訪問。 »

quarta-feira, 28 de junho de 2006

ブラジル・サンパウロは「冬」 その2 この冬一番の寒さ。

ブラジル・サンパウロは、先週から「冬」だ。
冬になってすぐはとても暖かく25度くらいにまで気温は上昇していた。

6月25日日曜日の午後から雲が出て来て、気温が下がり始めた。
25日の夕方から26日の14時頃まで雨が降った。
更に気温が下がった。

そして、6月28日の朝サンパウロの最低気温は7度。
この冬一番の冷え込みになった。

昨年の冬は、10度を割っていなかった。

一日ほとんど曇っていた。
だから気温も上がらず、13-15度くらいまでしか上昇しなかった。
15時-16時頃には青空も見えたときもあったのだが、気温は上がらず。

23時には、11度だ。
また明朝は10度を割るようだ。

6月28日と29日は、ワールドカップの試合が1試合も行われない日。
久しぶりに、地上波の番組は元に戻った。
ほっとする。

だけど、ニュースの時間の半分以上はワールドカップ関連のニュースである。
ブラジルでも、色々と事件は起きているのだが。

①VARIGの欠航
VARIGの欠航のニュースがこの10日間くらい続いている。
欠航率が上がっている。
欠航のために、ブラジルに戻ってこれないとか。

航空機のリース料が払えないとか、燃料代が払えないとか、
給料が遅配とか。
VARIGの入札を行ったのに落札者の従業員組合が払い込みが
出来なかったので、再入札を行うとか。

②犯罪組織
5月に起きた大規模な警察への襲撃の余波はまだ残っている。
2日前に、警察がサンパウロ市の周辺の刑務所を襲撃を計画していた一味を
待ち伏せして、13人を殺した。
何人かは逮捕された。
今日は、刑務所に携帯電話を差し入れていた弁護士が4人逮捕された。
刑務所職員が、自宅前で射殺された。

③大統領選挙と州知事選挙
24日と25日に、各党の大会が行われて、
候補者が決定した。

④パラ州で謎の病気で死者が出ている。
感染症らしい、まだ検査中らしい。

⑤建物崩壊で死者。
ペルナンブコ州で、不法占拠中の老朽化した建物が崩壊し、
10人以上の死傷者がでた。

他にも色々と報じられているが、
ワールドカップのニュースで印象が薄い。

ただただ、とても寒いサンパウロである。

|

« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その5 余計なお世話の審美歯科医 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その6 家族達の訪問。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「冬」 その2 この冬一番の寒さ。:

« サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その5 余計なお世話の審美歯科医 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その6 家族達の訪問。 »