« サッカー・ブラジル選手権2006 その106 ニウマールの移籍物語。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その9 パヘイラ代表監督は、ロビーニョの回復を願った。 »

domingo, 25 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その8 ジルベルト・シウヴァが比較は止めるように言った。

6月27日火曜日の対ガーナGana戦でエーメルソンEmersonのポジションを奪えるかという度重なる質問が、いつも静かな、無口なジルベルト・シウヴァGilberto Silvaの我慢を失わせた。

6月24日土曜日のインタビューで、日本に勝利した試合での正選手だったジウベルト・シウヴァは、エーメルソンとの比較の終わりを宣言した。

「するべきではない比較をする人がいる。 自分は自分のキャラクターがあり、彼は彼のキャラクターがある」と明言した。

ジウベルト・シウヴァGilberto Silvaは、ブラジル代表のMFの正選手として2人が一緒にプレイする可能性もあると言った。

「自分はすでにクラブでは2にのボランチとしてやって来た。 それもある。 誰が決めるかはパヘイラParreira代表監督だ。 自分の機会を得るために沢山働いてきた」と言った。

----------------------------
綺羅星のような選手ばかりのブラジル代表。
控えといっても、どの選手も世界での超一流である。

その選手達の中でのポジション争いも激しい。

特に、日本戦で休んだ正選手と代わりに入った選手の「世代交代」が、
日本戦の後の話題になっている。
日本戦がどうだったこうだったなどとは、復調したロナウドの出来以外は全く話題になっていなくて、
すぐにガーナ戦に誰が出場するかということに話題が絞られている。

ジルベルト・シウヴァと、エーメルソン。
シシーニョとカフー。
ジルベルトと、ロベルト・カルロス。
ロビーニョと、アドリアーノ。
ジュニーニョ・ペルナンブカーノと、ゼ・ロベルト。

当然、マスコミのつっこみは厳しい。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その106 ニウマールの移籍物語。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その9 パヘイラ代表監督は、ロビーニョの回復を願った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その8 ジルベルト・シウヴァが比較は止めるように言った。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その106 ニウマールの移籍物語。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その9 パヘイラ代表監督は、ロビーニョの回復を願った。 »