« サッカー:ロドリゴ・タバタがワールドカップに出場したい。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その4 フアンとジルベルト。 »

sábado, 24 de junho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その104 ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は赦免を待っている。

ブラジル選手権Campeonato Brasileiroの長い中断は、サントスSantosにとって大きな利点がある。
単に身体造りや戦略戦術練習の時間があるというだけではなくて、最も大きなことはヴァンデルレイ・ルシェンブルゴVanderlei Luxemburgo監督はサンパウロSão Pauloのスポーツ裁判所Tribunal de Justiça Desportiva (TJD)からの許しを期待しているからだ。
ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は、審判のロドリゴ・マルチンス・シントラRodrigo Martins Cintraを精神的に攻撃したことにより60日間の出場停止と、スポーツ裁判所によって決定された。

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は、サンパウロ州選手権Campeonato Paulistaの対サンパウロFC戦の試合中にロドリゴ・マルチンス・シントラRodrigo Martins Cintraに色目を使われたと訴えた。
後で、ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督が敗戦をごまかすために言った悪い冗談だったと言った。

ブラジル選手権Campeonato Brasileiroが再開するので、サントスSantosの法務部は7月からの罰を社会奉仕と引き替えるように話を続けている。 弁護士の目的はヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督を控えの椅子に座ることが出来るようにすることである。

----------------------------
ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督のきつい冗談に対して、きついお灸。

でも、あの審判は確かに試合中に何度もヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督を見ていた。

|

« サッカー:ロドリゴ・タバタがワールドカップに出場したい。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その4 フアンとジルベルト。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10657040

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その104 ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は赦免を待っている。:

« サッカー:ロドリゴ・タバタがワールドカップに出場したい。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その4 フアンとジルベルト。 »