« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その105 コリンチャンス、サンパウロに戻る。 »

sábado, 24 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。

MFカカKakáは、6月27日火曜日の次の試合では、ガーナGanaの「身体」の試合には入らないと、信じている。

ガーナは、2006年ワールドカップの今までの試合で、統計上一番ファールの多いチームである。
(一番少ないのがブラジルで、2倍の差がある。)

「ブラジルは、他のチームと力で争うようなプレイは決してしない。 よりボールをパスしていくという才能を使う。 その後で、駆け回る。 誰とも喧嘩をするようなことはない」と、カカは明言した。

ワールドカップのグループリーグでブラジル代表の中では最も標的になったカカは普通だと思っている。
「自分はボールをよく持っているのでファールを受けるのは普通だ。しかし暴力的なファールはなかった。悪いのは見なかった」と言った。

----------------------------
こういう話題は、カカに語らせるのがよい。
カカに似合っている。

|

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その105 コリンチャンス、サンパウロに戻る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。:

» GK 第3章 [No.17の部屋]
玉田の得点の瞬間、日本の誰もが奇跡を信じたのではないだろうか? 「ブラジルなんか [Read More]

Tracked on domingo, 25 de junho de 2006 05:10

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その105 コリンチャンス、サンパウロに戻る。 »