« ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その5 お立ち台の人々 »

domingo, 25 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その10 DFフアンの息子ルーカス。

6月23日(金)は、ブラジル代表選手達は休暇をもらった。

ブラジル代表選手達が滞在しているベルギッシュ・グラッドバッハは、ケルンの近くの街である。
今滞在しているホテルは、2005年のコンフェデレーション杯の時にはずっと滞在していたホテルである。

このコンフェデレーション杯の時には、ブラジル代表はケルンの北にあるレバークーセンの競技場でトレーニングを行った。
このレバークーセンに所属しているのが、DFフアンJuanである。
Spd20060623f

Juanと綴ると、ブラジル・ポルトガル語ではジュアンと発音するのが正しいはずなのだが、
何故か彼の場合にはスペイン語のようにフアンと発音する。
理由はわからないが、彼の場合はフアンが正しいようだ。
両親とも、スペイン系という顔つきではない。

そのフアンは、家族と一緒にケルンに住んでいる。

アパートの前で、6月23日に取材に応じていた。

Spd20060623g

このアパートを選んだ理由が、
彼の出身地であるリオ・デ・ジャネイロのボタフォゴ地区に似ているからだと言っていた。
そして、アパートの前には広場があって、ここで過ごすことがあるそうだ。
そういう立地が気に入っている。
Spd20060623h

そして、彼の息子ルーカスだ。
生後10ヶ月になる。
Spd20060623l

Spd20060623i
Spd20060623j
Spd20060623k

----------------------------
ボタフォゴ地区に似ているからだと言われて、どうかなと思った。
ボタフォゴ地区はリオ・デ・ジャネイロの中心部に近く海岸沿いは綺麗なところだ。
※※このブログで使用しているすべての画像・映像への直リンクは禁止。
   リンクは必ず記事へ行うこと。
※※この記事で使用している画像については、一切の2次使用を厳禁。
   著作権者はGLOBO局である。

|

« ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その5 お立ち台の人々 »

Comments

早速フアンの記事が掲載されてとても嬉しいです!
フアンはよい休暇を過ごしたようですね。
(ロナウジーニョの休暇にはちょっと笑ってしまいました)
こういう点でも“地の利”ってあるんだなぁ・・と思いました。
ルーカスはお父さんによく似ていますね。
このW杯での父の姿を、将来ルーカスが覚えていないであろうことがちょっと残念です。

Posted by: らぴこ | domingo, 25 de junho de 2006 at 22:09

>らぴこ様
コメントを頂いたので、ささやかなお礼です。
確かにそっくりの息子です。
息子に、ドイツ語で話しかけていました。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 26 de junho de 2006 at 00:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10678959

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その10 DFフアンの息子ルーカス。:

« ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その5 お立ち台の人々 »