« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その17 フアンの離れられない家族。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢 その13 試合は12時から。 »

terça-feira, 27 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その18 出場選手はロッカールームで発表。

ワールドカップCopa do Mundoの準備のためにスイスSuíçaで合宿をしていたことは、パヘイラParreira代表監督はブラジル代表は8ヶ月前に選手を決めていると話をしていた。
果ては、「どういった質問がまだされていないかなと」逆に質問をして、冗談を言っていた。

「どういったチームがグラウンドにはいるのか。 一般的に30通りの一つだ。 ここで答える必要はない」と、今は言っている。

ミステリーが、ブラジル代表に戻ってきた。 
ガーナ戦に出場する先発選手についての質問が、試合の前の最後の記者会見で最も注目された。

「ロッカールームでチームを知らせる。 でも、ミステリーではない。 試合の前1時間前にチームを知らせるのは監督の権利である」と、パヘイラ代表監督は最初の回答ですぐに言った。 

パヘイラ代表監督は、選手達は月曜日に、ガーナ戦のビデオを見た後の会議で、チームを知ることになると言った。

「FIFAが問題を解決してくれない。 人数を増やすことは出来ない。 それで今のところ11人から始めるしかない。 どうすることも出来ない。 しかしワールドカップに勝つのは、グループで、11人の正選手ではない。 ブラジル代表は最高のグループだ。 23人の選手は試合を始める機会がある」

記者会見の間、 パヘイラ代表監督はヒントは与えた。 ブラジル代表のプレイのスタイルは変更しないと言った。 つまり、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoはもっと前の方でプレイすることはないという意味だ。 疑問は、ジウベルト・シウヴァGilberto Silvaとジュニーニョ・ペルナンブカーノJuninho Pernambucanoが入るかどうかである。 それにアドリアーノAdrianoがロナウドRonaldoと攻撃陣となるかも同様である。

試合の前にパヘイラ代表監督が指揮した唯一の戦略練習では、ジウベルト・シウヴァGilberto Silvaがゼ・ロベルトZé Robertoの場所に入っていた。

「色々なプレイの形が可能だ。 しかし基本は維持する必要がある。 チームは日本戦から変わる。 しかし名前が変わっても、スキームは変わらない」

-----------------------------
パヘイラ代表監督も、このところ急に慎重に発言するようになってきた。

記者会見でも、質問される前に、突っ込まれそうな点には、先に答えて、
貴社の質問を封じている。

また、今日月曜日は、練習グラウンドにでる前の選手へのインタビューをさせなかった。
練習後に、パヘイラ代表監督とカフーとカカが一緒に代表インタビューに出席したが、
ほとんどパヘイラ代表監督の独演会だった。

パヘイラ代表監督も、ちょっと痩せてきたようだ。

|

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その17 フアンの離れられない家族。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢 その13 試合は12時から。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10697680

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その18 出場選手はロッカールームで発表。:

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その17 フアンの離れられない家族。 | Main | ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢 その13 試合は12時から。 »