« サッカー・ブラジル選手権2006 その93 エーメルソン・レオン監督の約束。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その34 ロナウド。 »

sexta-feira, 16 de junho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その94 ニウマールが遂に切れた。

ニウマールの契約の更新に関して、コリンチャンスCorinthians の首脳がいつも問題を起こしていることで、ニウマールNilmarは出て行く可能性まで口にした。
コリンチャンスの社長アルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibが、契約書に署名するのが遅れたと思ったら、今度は移籍交渉を決めたMSIの社長キア・ジョオラビシアンだ。
キア・ジョオラビシアンKia JoorabchianはフランスFrançaのリヨンLyonに1000万ユーロを送金しなくてはならない。

「この状況に驚いている。 ニウマールNilmarが自分に電話をしてきた。 傷ついている。 自分はサンパウロSão Pauloに行くことにした。 誰もMSIの真摯さも信じることが出来ない。 コリンチャンスCorinthians,は誰も答えてこない。 自分とニウマールの頭を通り過ぎたのは今月末に切れるこの契約で終わりにしようかと言うことだ」と、ニウマールNilmarの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaは明言した。

キア・ジョオラビシアンKia Joorabchianはドイツにいて、ワールドカップを見ている。
しかし、MSIのパウロ・アンジオーニPaulo Angioniはこの件を沈静化させようとしている。

「意見を言うことが出来ない。 キア・ジョオラビシアンと話すことが出来ない。 しかしわかっていることはニウマールのことは考えていて、交渉はもうひっくり返ることはない」と、誓った。

リヨンLyonのブラジルBrasil,における代理人のマルセロ・ヂジアンMarcelo Djianは、お金はまだ入金していないこと確認している。
先週、彼は法的な問題から隠れているアルベルト・ドゥアリビと誰も会えないので、移籍はまだ決まっていないと言った。

----------------------------
コリンチャンスの話題といえば、こんな情けない話の連続だ。
ニウマールだって、嫌になるのも当然だ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その93 エーメルソン・レオン監督の約束。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その34 ロナウド。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10547831

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その94 ニウマールが遂に切れた。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その93 エーメルソン・レオン監督の約束。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その34 ロナウド。 »