« サッカー・ブラジル選手権2006 その103 フラメンゴのルイゾンがチームに合流。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その104 ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は赦免を待っている。 »

sábado, 24 de junho de 2006

サッカー:ロドリゴ・タバタがワールドカップに出場したい。

サントスSantosのMFで、日本人の孫のロドリゴ・タバタRodrigo Tabataが、ブラジルBrasil対日本Japão戦を見るために、サンパウロSão PauloのリベルダーヂLiberdadeのブラジル日本文化協会Sociedade Brasileira de Cultura Japonesaにいた。
ロドリゴ・タバタは両方のチームを応援した。
一つの驚きだった日本の1ゴールがあったので前半は良かったと言った。
ロドリゴ・タバタはワールドカップでグラウンドにいたい。 
ただどの代表かわからない。

「ブラジル代表でポジションを得るのはとても難しいことは知っている。 凄い競争だ。 しかしワールドカップで戦いたい夢もある。 次のワールドカップまでの4年間で場所を見つけたい。 もし機会がなければ、日本に合わせて、日本代表にトライできる。 というのは日本人の孫だからだ。 それもやることは出来る」と、ロドリゴ・タバタは言った。

ロドリゴ・タバタは、負けたとはいえ、日本の試合ぶりはすきだといった。
更に冗談で、ゴールをあげた玉田について自分の親戚だと言った。 名前が似ているからだ。

----------------------------
玉田とタバタで似ていると思う程度の理解で、日本代表でしょうか。
何度も日本代表入りはどうかという質問をされているのか、徐々にロドリゴ・タバタもその気になってきたような。

今から、日本代表になれるのどうかもわからない。
まず、すぐにでも日本のクラブで1年でもやってみるべきだろう。

それと、国籍の問題だ。
ブラジルは2重国籍を認めているが、日本は認めていない。
ロドリゴ・タバタが日本人の孫だからと、国籍をくれるほど日本は優しい国ではない。
はっきり言うと、この件では日本はとても冷たい国だ。
日本人の子供でも、出生届が遅れると、国籍を拒絶される国である。
ロドリゴ・タバタと同様の立場でわりと簡単に国籍をくれるのは、イタリアである。

ゴールは決めることが出来る。
良いクロスをあげてくる。
2005年のブラジル選手権の優秀MF3人の中の1人だ。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その103 フラメンゴのルイゾンがチームに合流。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その104 ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は赦免を待っている。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロドリゴ・タバタがワールドカップに出場したい。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その103 フラメンゴのルイゾンがチームに合流。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その104 ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は赦免を待っている。 »