« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »

sábado, 24 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。

6月27日火曜日にドルトムントDortmundで行われるガーナGana,戦に向けての最初のブラジル代表の練習で、ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは驚いた。
ロビーニョRobinhoが右腿に痛みを感じ、出場が疑われることになった。
痛みは、パヘイラ代表監督がロビーニョをアドリアーノAdrianoのポジションに入れようとしたちょうどその日からでてきた。

パヘイラParreira代表監督は結論を出す仕事をした。
今日の練習でも、ガーナ戦Ganaに向けにパヘイラ代表監督はロビーニョRobinho をアドリアーノの場所に入れる考えだったはずだ。
ロナウドRonaldoとロビーニョRobinhoが攻撃の中心であった。 続く試合で、フレッヂFredとアドリアーノAdrianoであった。
ほとんどトレーニングの終わりに、ロビーニョRobinhoは腿に痛みを感じた。

トレーニングの最初に、選手達は3つのグループに分けられた。
GK達は、トレーナーのヴェンデル・ルセーナWendell Lucenaと仕事をした。
「重量級の」ルイゾンLuizão、クリスCris、フレッヂFred、アドリアーノAdrianoは、以前はサーキット・トレーニングと呼ばれたコーンを使ったトレーニングをした。
残りは、ゆっくりと走った。

その後でグラウンドの半分もない部分で、最初のトレーニングが始まった。
選手が長いパスを出して、前より前で受け、単独でゴールに向かってシュートした。
正選手の中ではゼ・ロベルトZé Roberto、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoが良かった。
GKではロジェリオ・セニRogério Ceniが良かった。

決定の部分では、ルシオLúcioとフアンJuanをテストし、2人の攻撃をロビーニョRobinhoとロナウドRonaldo、そしてアドリアーノAdrianoとフレッヂFredで行った。
その後で、ロビーニョRobinhoは腿に手を当てて、トレーニングを止めた。

----------------------------
明日(6月25日)も痛みが続くようならば、検査をするということである。

|

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。:

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »