« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »

sábado, 24 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。

6月27日火曜日にドルトムントDortmundで行われるガーナGana,戦に向けての最初のブラジル代表の練習で、ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは驚いた。
ロビーニョRobinhoが右腿に痛みを感じ、出場が疑われることになった。
痛みは、パヘイラ代表監督がロビーニョをアドリアーノAdrianoのポジションに入れようとしたちょうどその日からでてきた。

パヘイラParreira代表監督は結論を出す仕事をした。
今日の練習でも、ガーナ戦Ganaに向けにパヘイラ代表監督はロビーニョRobinho をアドリアーノの場所に入れる考えだったはずだ。
ロナウドRonaldoとロビーニョRobinhoが攻撃の中心であった。 続く試合で、フレッヂFredとアドリアーノAdrianoであった。
ほとんどトレーニングの終わりに、ロビーニョRobinhoは腿に痛みを感じた。

トレーニングの最初に、選手達は3つのグループに分けられた。
GK達は、トレーナーのヴェンデル・ルセーナWendell Lucenaと仕事をした。
「重量級の」ルイゾンLuizão、クリスCris、フレッヂFred、アドリアーノAdrianoは、以前はサーキット・トレーニングと呼ばれたコーンを使ったトレーニングをした。
残りは、ゆっくりと走った。

その後でグラウンドの半分もない部分で、最初のトレーニングが始まった。
選手が長いパスを出して、前より前で受け、単独でゴールに向かってシュートした。
正選手の中ではゼ・ロベルトZé Roberto、ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoが良かった。
GKではロジェリオ・セニRogério Ceniが良かった。

決定の部分では、ルシオLúcioとフアンJuanをテストし、2人の攻撃をロビーニョRobinhoとロナウドRonaldo、そしてアドリアーノAdrianoとフレッヂFredで行った。
その後で、ロビーニョRobinhoは腿に手を当てて、トレーニングを止めた。

----------------------------
明日(6月25日)も痛みが続くようならば、検査をするということである。

|

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/10669812

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その6 ロビーニョが筋肉痛。:

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その4 レインボー・カラー | Main | サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その7 カカは才能だと言った。 »