« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その8 ジルベルト・シウヴァが比較は止めるように言った。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 »

domingo, 25 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その9 パヘイラ代表監督は、ロビーニョの回復を願った。

ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreiraは、土曜日のトレーニングの間に右腿にロビーニョRobinhoが感じた筋肉の痛みについて、彼の思いを英語で語った。
Spd20060624a

「回復することを期待している。  "cross fingers" (cruzar os dedos)だ」とパヘイラ代表監督は言った。
クロス・フィンガーとは、人差し指と中指をクロスさせるブラジルでの幸運を願うアクションである。

パヘイラParreira代表監督は、ジョゼ・ルイス・ルンコJosé Luiz Runco医師の説明を引いて、ロビーニョが火曜日のガーナGanaとの試合でプレイできるかどうかを言うのは早いと言った。

ジョゼ・ルイス・ルンコによると、日曜日にならないとロビーニョRobinhoの怪我を判断できないと言う。 朝起きてまだ痛みを感じるようであれば、検査の必要があるという。
Spd20060624b

「筋肉の痛みの場合は24時間は最低待たなければならない。 ジョゼ・ルイス・ルンコは今は何も話すことが出来ない。 ロビーニョは前にこのようなことは一度もなかった」

----------------------------
ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラは、63才だ。
1968年に、実はガーナの代表監督をしている。
その時、パヘイラは25才だった。

|

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その8 ジルベルト・シウヴァが比較は止めるように言った。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その9 パヘイラ代表監督は、ロビーニョの回復を願った。:

« サッカー・ブラジル代表 ガーナ戦 その8 ジルベルト・シウヴァが比較は止めるように言った。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」 その1 冬になって、暖かくなった。 »