« ブラジル・サンパウロは「冬」 その2 この冬一番の寒さ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その7 フランクフルト行き。 »

quinta-feira, 29 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その6 家族達の訪問。

6月27日のガーナ戦の翌日6月28日水曜日は、休みにはならなかった。
ブラジル代表選手達は練習をした。
試合に出場した選手達はヂーダとジウベルト・シウヴァを除いて、ホテルでトレーニングをした。
それ以外の選手は、グラウンドに出た。
ヂーダとジウベルト・シウヴァはグラウンドへ行った。

そして、そこにも家族達が訪問してきていた。


ロナウドRonaldoは合宿が休みではなかったので家族に会いに出かけることが出かけられなかった。
それで家族が合宿にやってきた。
コーチ陣は、ロナウドにちょっとだけ「甘える」ことを許した。
ロナウドは父親ネリオNélio、母親ソニアSônia、そして恋人ライカRaica・オリヴェイラの訪問を受けた。

帰るときに、女性達は口を閉じていた。
ネリオNélioが息子を訪問した様子をレポートした。

「良かった。 彼は最高だ。 みんなといたときにはとても楽しかった」と言って、ロナウドはライカ・オリヴェイラと一番一緒にいたと付け加えた。

ネリオは、ロナウドについて、最初に”デブ”と呼ばれていたことが、一番ロナウドが話をしていたテーマだったと言った。

-----------------------------
ワールドカップはよりストレスが溜まる時期に入り、ブラジル代表監督カルロス・アルベルト・パヘイラは、選手たちの気持ちの散漫がグラウンドに現れることを知っている。

それで、パヘイラ代表監督はトレーニングが終わってすぐにジュニーニョ・ペルナンブカーノがグラウンドを出て、観客席に行き、妻にキスをするのを罰したりしなかった。
妻のレナッタRenataは、妊娠4ヶ月である。 また女の子だ。
ジュニーニョ・ペルナンブカーノはすでに、ジオヴァーナGiovana10才とマリア・クラーラMaria Clara4才と2人の女の子の父親だ。
Sp20060628b

ジュニーニョ・ペルナンブカーノは女の子をグラウンドに連れてきた。
彼女たちはボールとじゃれた。
そしてロビーニョRobinhoと遊んだ。
母親のレナッタRenataはとても内気で、インタービューをするのは好まなかった。
それで”スポークスマン”はジオヴァーナGiovanaの仕事になった。

「1ヶ月お父さんを見ていなかった。 寂しかった。 ここに来て、遊んで良かった」と、ジオヴァーナは言った。
出会いはとても短く。
ジュニーニョ・ペルナンブカーノは合宿に戻った。
だが、ワールドカップの最後を戦うためにバッテリーをチャージしてくれた応援者に満足していた。

-----------------------------
ヂーダの家族もやってきていた。

Sp20060628a


|

« ブラジル・サンパウロは「冬」 その2 この冬一番の寒さ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その7 フランクフルト行き。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その6 家族達の訪問。:

« ブラジル・サンパウロは「冬」 その2 この冬一番の寒さ。 | Main | サッカー・ブラジル代表 フランス戦 その7 フランクフルト行き。 »