« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その32 ロナウヂーニョ・ガウーショはホテルを出なかった。  | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その33 ロナウドは病院で検査を受けた。 »

quinta-feira, 15 de junho de 2006

サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その10 大統領の試合批評

ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァLuís Inácio Lula da Silvaは、ブラジル代表Seleção Brasileiraが1対0でクロアチアCroáciaに辛勝したことについて意見を述べた。

「我慢した。 心配した。大事だった」と言った。

ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァは、試合はもっと易しく、ゆっくりとしていると思っていたと認めた、しかしサッカーで大事なことはゴールであると言った。 それが、頭であろうが、胸であろうが、踵であろうが関係ないと言った。

ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァは、自宅で、家族や何人かの政治家と試合を見た。

クロアチアが試合をコントロールしたときは心配したことを認めた。
しかしその後にブラジルはよりいいチームだと言った。

思っていたような初戦ではなかったと言ったが、大統領はカルロス・アルベルト・パヘイラCarlos Alberto Parreira代表監督のチームを信頼しているし、ブラジルは世界で最もよいチームだと明言した。

----------------------------
「デブ」については、何も語っていない。

|

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その32 ロナウヂーニョ・ガウーショはホテルを出なかった。  | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その33 ロナウドは病院で検査を受けた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 クロアチア戦 その10 大統領の試合批評:

« サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その32 ロナウヂーニョ・ガウーショはホテルを出なかった。  | Main | サッカー・ブラジル代表 ドイツ合宿 その33 ロナウドは病院で検査を受けた。 »