« サッカー・ブラジル選手権2006 その151 サンパウロFCのルガーノが、トルコへ。 | Main | サッカー:ジョゼ・ルイス・ルンコが語る。 »

sexta-feira, 28 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その152 ラファエル・モウラはスペインからのオファーを知らない。

FWラファエル・モウラRafael Mouraは、スペインの1部リーグに上がったばかりのナスチックNasticの代理人から求められていないと明言した。
この話は、スペインのメディアで伝えられていた。
Spd20060112d
(参考画像)

「その情報は自分を驚かせた。 寝ていたら、ある友人が電話をしてきた。 しかし何もまとまってもいない。 そういう関心があるかないかも知らない」と、ラファエル・モウラは明言した。

ラファエル・モウラRafael MouraのコリンチャンスCorinthiansとの契約は8月15日までである。
しかし契約は今年の年末まで延長されるはずだ。
ラファエル・モウラは自分で50%の権利を持っている。
残りの半分は、MSIの社長キア・ジョオラビシアンKia Joorabchianが関係するHAZが持っている。

「選ぶ権利はない。 パートナーが自分の将来を決める」と、ラファエル・モウラは言った。

----------------------------
ラファエル・モウラは、今年の初めにパイサンドゥから移籍してきた。
テベスもしくはニウマールが出場しない時の控えとして使われている。
そのためか、今ひとつ調子に乗れない。
サンパウロ州選手権の時は割りとゴールを決めていた。
23才。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その151 サンパウロFCのルガーノが、トルコへ。 | Main | サッカー:ジョゼ・ルイス・ルンコが語る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11129131

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その152 ラファエル・モウラはスペインからのオファーを知らない。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その151 サンパウロFCのルガーノが、トルコへ。 | Main | サッカー:ジョゼ・ルイス・ルンコが語る。 »