« サッカー・ブラジル選手権2006 その117 いまだにファンから逃げるコリンチャンス。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その1 カカ。 »

sábado, 8 de julho de 2006

ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢 その16 どこを応援しているか。

7月8日、ワールドカップ・ドイツ大会もいよいよ残り2試合になっていた。

ブラジルは「あのようなこと」になってしまい、予定よりも8日も前に突然に全ての望みが途切れてしまった。

だが、サンパウロは移民が造り上げた都市。
まだ、残っている国の子孫がいっぱいいる。

そういった国の応援をすることで、まだワールドカップが続いている人もいる。
かなり少ないと思う。

拙宅のすぐ近くにあるパカエンブー競技場。
この競技場の前に、シャルレス・ミラー広場という広い広場がある。
だいたいここをホームとして使っているコリンチャンスのユニフォームや旗を中心に、
サンパウロFCやその他のクラブのものも販売している露店が、いつも3軒ほどある。

ブラジル選手権が6月始めに中断してからは、
ここではカナリア色のブラジル代表チームのユニフォームがほとんどを占めていた。

しかし、あのようなことになってしまった。

今日9時30分頃に、ここを通り過ぎた。

いつもとは違って、残っている国の国旗が販売されていた。
ドイツはどういう訳がなかった。
Spd20060708a

そして、ユニフォームを見ると、ほとんどがイタリア。
やはりイタリア移民の力は圧倒的だ。
Spd20060708b

ちなみにブラジル人のポルトガル代表監督のフィリップ・スコラーリは、
7月7日にインタビューで、自分はイタリア人の子孫だからイタリアを応援するといっていた。

サントス監督のヴァンデルレイ・ルシェンブルゴは、フランスだそうだ。
将来は、フランスのチームの監督も目指しての発言だろうか。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その117 いまだにファンから逃げるコリンチャンス。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その1 カカ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロはワールドカップ態勢 その16 どこを応援しているか。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その117 いまだにファンから逃げるコリンチャンス。 | Main | サッカー・ブラジル代表 在庫一掃 その1 カカ。 »