« サッカー・ブラジル選手権2006 その155 エヂムンドの残留。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その157 エルトンが練習をしていない。 »

sábado, 29 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その156 リカルド・オリヴェイラの行方。

サンパウロFCはまだリベルタドーレス杯南米選手権の決勝進出が決まったわけではない。
来週の水曜日モルンビーMorumbi競技場でメキシコのチバスChivasを下すと、決勝進出となる。

FWリカルド・オリヴェイラRicardo Oliveiraは、8月16日の決勝戦の第2戦では出場できないリスクを抱えている。
リカルド・オリヴェイラのレンタル契約が8月10日に終了する。
彼の権利を持っているスペインEspanhaのベチスBétisは、リカルド・オリヴェイラを直ちに戻す。

少なくとも、ベチスBétisの社長ぺぺ・レオンPepe Leónの望みはそうだ。

しかしながら、サンパウロFCの社長ジュヴェナウ・ジュヴェニシオJuvenal JuvêncioはブラジルBrasilに来るように招待している。
来週ぺぺ・レオンはサンパウロFCの状況をしるためにサンパウロFCにやって来る方向である。
その時にリカルド・オリヴェイラRicardo Oliveira のことは決定するだろう。

「リカルド・オリヴェイラRicardo Oliveiraは年末までいることをベチスBétisは許可しない。 彼は8月12日にここになくてはならない」と、ぺぺ・レオンPepe Leónはスペインの新聞Marca紙のインタビューで明言した。

リカルド・オリヴェイラRicardo Oliveiraは結末を心配して待っている。 しかしリカルド・オリヴェイラは満足できないことでも、年末よりも前にベチスBétisに戻る必要があることも明言している。

「ジュヴェナウ・ジュヴェニシオがベチスと話すのを来している。 ここにいて、リベルタドーレス杯南米選手権でプレイし、優勝したい、そしてブラジル選手権のためにもいたい」と、リカルド・オリヴェイラは言った。

----------------------------
2005年11月に治療のためサンパウロFCにやって来て、そのままサンパウロFCになついてしまった。

ケガから回復したあとは、サンパウロFCで活躍している。
ブラジル代表であっただけに、違いをみせている。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その155 エヂムンドの残留。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その157 エルトンが練習をしていない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11139084

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その156 リカルド・オリヴェイラの行方。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その155 エヂムンドの残留。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その157 エルトンが練習をしていない。 »