« サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その8 男 »

quinta-feira, 20 de julho de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その132 ロドリゴ・タバタの心配。

7月16日日曜日に、ブラジル選手権の第12節対サン・カエターノSão Caetano戦に2対0で敗れた後、サントスSantosのMFロドリゴ・タバタRodrigo Tabataはチームの状態を心配いている。
ロドリゴ・タバタにとって、チームはこれ以上勝ち点を失ってはいけないし、直ちに反応する必要がある。

「日々より難しいことになってくる。 ワールドカップの間に良い状態に戻るようにしっかりトレーニングをした。残念ながら、2連敗した」と、ロドリゴ・タバタは残念がった。

ロドリゴ・タバタの心配は重大視されないことだ。
サントスSantosのみんなはワールドカップCopa do Mundoの後の最初の節からすぐにブラジル選手権の首位に戻ることを計画していた。
しかし、チームは再開後まだ勝ち点をとっていない。
18点のままで、トップのサンパウロFCに8点差となっている。

とにかく、7月23日日曜日に本拠地ヴィラ・ベルミロで行われるジュヴェンチゥーヂ戦では勝たなくてはならない。

「地元での試合だ。 勝つ必要がある」と、ロドリゴ・タバタは警報を発した。

(参考画像)
Spd20060712ze

--------------------------
このところ、サントスはぱっとしない。

ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督は、口達者だが。

|

« サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その8 男 »

Comments

WCお疲れさまでした。なぜかココログに私のパソコン(古MAC)からコメント入れようとすると文字化けしてしまいご無沙汰しておりました(無視してUPすれば大丈夫なことが最近判明しました)。
ちょっと前にNHKのドキュメンタリー番組にロドリゴ・タバタ氏がお父さんと一緒に出ていました。サンパウロ日本人会の応援会場で日本対ブラジル戦を観ていました。彼は日本代表として次のWCに出たいといっていましたよ〜。精悍でとてもまじめそうな若者でした。

Posted by: ミッチ | sábado, 22 de julho de 2006 at 11:44

>ミッチ様
以前に取材に来ていたのはNHKだったということでしょうね。
サンパウロの文化協会体育館に連れて行かれたわけですね。
「日本代表に」というのは言わされたんでしょうね。
4年後は29才だし、現実に今日本にいるわけでもないので帰化は無理ですね。
まず、日本のクラブに移籍して、プレイしないと駄目ですね。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 28 de julho de 2006 at 00:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/11028580

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その132 ロドリゴ・タバタの心配。 :

« サッカー・ブラジル代表 その後 その18 カルロス・アルベルト・パヘイラが代表監督職を返還。 | Main | ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード その8 男 »